EMS=国際スピード郵便(航空便)と船便の違い。どちらが良いか。

 

・値段

EMSは航空便のため早いです。バギオへいた時は、月曜日に送られたら金曜日には届いたのですが(わずか4日!)、こちらではちょうど1週間ほどかかります。何故マニラから近いクラークの方が、バギオより到着に時間がかかるのかは謎ですが^_^;、それでも国をまたぎ、複雑な経路を経るにも関わらず数日で届くとは驚きです。

一方、船便はフィリピンの場合通常3~4週間ほどかかります。留学生は滞在期間が数か月前後であることが多いため、一カ月程かかってしまう船便だと遅すぎるのです。

 

・確実性

EMSは確実性が高いです。なぜそのように言えるのかというと、国際郵便追跡サービス損害補償制度(2000円まで無料保証)がついているからです。日本国内での郵送と違い、国外、特にフィリピンへの郵送は、実はやや確実性に欠けます。まずはフィリピンの税関。彼らは悪名高く、電子機器などの高価な物である場合、いちゃもんをつけて保留し、受取人に高額間税を支払わせようとします。数週間前に送られた荷物が届かなない(;O;)、と言うことは起こり得ることであるため、その様な場合に国際郵便追跡サービスがついていると安心です。荷物の所在が分かれば対処の見通しもつくので。

 

また、船便にはない保障サービスもEMSの魅力です。マニラの税関を通過したあと、今度は荷物は配達員という危険にさらされます。韓国や中国よりもリッチなイメージらしい日本の配達物は、現金や高級品が忍ばせてあると思われ、比較的狙われやすいのです。ごくまれに配達されずそのまま持って行かれてしまう事があるそうなのですが、その際に活躍してくれるのが損害補償制度。2000円までならばEMSを利用した時点で補償され、追加料金を支払えばさらに保障額が大きくなります。高価な物を送るときなどは心強いサービスです。

 

♥—Eureka—♥






 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ