フィリピンへ荷物を送る際のコツ

 

3.高価なものは、比較的小さな箱に入れる

 

さらに、貴重品や高価なものなど大事なものを送るときは、小さい段ボール箱に方が良いらしいです。大きな段ボール箱に荷物を入れると、色々なものが入っている事が予測されるため税関の目にとまりやすく、細かく注意を受けやすいとの事。しかし、小さい箱にスナック菓子や1.2着の服などと共に入れ“Snack、Clothes”等と書けば、それなりの容量しか入っていないだろうと思われチェックを通りやすいとの事。私がカードと電子辞書を送って貰ったときも、焼き菓子のように箱と包装紙で包んでもらい、更に以上の事(貴重品が入っている事の未記入、他のスナックなどでカモフラージュさせる、小さい箱に入れる)をしたら無事に届きました。私は2度ほどしか挑戦しておらず、これらの努力が功をなしたのかどうかは定かではないのですが、極力見つからないように努力をするという意味では試してみる価値はあると思います。

 

最後に…

EMS、船便を使う際の注意点について書きます。

 

※EMSを使う場合、荷物の受け取りは郵便局に出向かわなければならないのですが、アイザックでは学校スタッフなど代理人が受け取りに行ってくれるため、特に手間はありません。他の語学学校でも、恐らくそのような学校が多いのではないかと思います。

 

※海外へ書類を早急に(1~2日)届けたい場合は、DHL、OCS、EEDEXなどの会社もあります。ただ、EMSの倍近い送料がかかるので、これらの便を使う機会は恐らくないでしょう。

 

※船便の国際宅配サービスにはいくつかの会社がある。サービス名はバリクバヤンボックス(海外帰宅便のような意味)と呼ばれ、A&K International Inc、テクノハイ、Agent Japan、FOREX等が扱っています。通常の段ボールひと箱で一万円程度です。

 

♥—Eureka—♥






 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ