フィリピン留学、持ち物って?意外と忘れてはいけないあの物たち

 

‹その他重要品›

◎メガネやコンタクトレンズ

メガネやコンタクトレンズは、こちらでも購入できますが値段が高く質も未知数なため、日本で購入されて来る事をお勧めします。無いと大変不便なものである為、特にメガネを普段利用の方は、万が一様の物も持って来られることをお勧めします。

 

◎日本らしいデザインのレターセットやポストカード

こちらを去るとき、先生や友人達に手紙を書きたいと思うかもしれません(書かなければならない訳ではないです)。そんな時、日本らしいポストカードを用意しておくとオリジナリティが出て良いかもしれません。

 

〇安い財布や小銭入れ

盗まれたとき等の事を考え、高価なものではないものを使用される事をお勧めします。お持ちでない方はこちらで購入可能です(むしろ安物はこちらで見つける方が簡単です。笑)

 

〇おみやげ

持ってきても来なくても大丈夫です。

 

〇ふりかけ

こちらでは毎日米を食べる事になるため、味が足らない方などはこちらをお持ちすることをお勧めします。

 

×VISA用の証明写真

こちらで撮った方が、安く(60ペソ=140円弱)きれいに取れる為、SMモールへ撮りに行くことをお勧めします。

 

×日本のお菓子やカップ麺、調味料等

こちらでも、ポッキーや午後の紅茶、カルピス、カップヌードル、キューピーのマヨネーズなど有名なものは購入できます。ただし値段は2倍近くします苦笑。フィリピンやその他各国の食品も十分美味しくお腹を壊したりしないので、こちらで事足りると思います。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って?薬は何をどれくらい必要?

 

‹薬など›

◎風邪薬

◎下痢止め

特にこれらの薬は、1か月以下の短期滞在者ならば5日分以上、3か月以上の長期滞在者ならば10日分以上は必ず持って来られる事をお勧めします。というのは、こちらへ来ると体調を崩す事が多いからです。

私は一年に一・二度、軽い風邪をひくかどうかという超健康児なのですが、それでも初めてフィリピンに来てからの1か月位は、咳が毎晩続いたり脱水症状で病院へ行ったりしました。周囲の友人達も来てすぐ体調を崩すことが多かったので、長くいてしまえば大丈夫なのですが慣れるまでに時間がかかるようです。

病院へ行くのはややハードルが高く(英語での診療のためあまり行きたくない)薬もアメリカ製などしか売られていない為(日本から薬類を郵送してもらうのは不可だった気が。。)、ほぼ100%病気になると思い十分に用意してきましょう。

 

◎便秘薬

私は飲んだことがないのですが、こちらでは食事や運動不足のせいからか便秘になる事が多いです。こちらにはアメリカ製の便秘薬しかないので、飲む習慣のある人は持って来られることをお勧めします。

 

◎傷薬

私は、万が一狂犬病を発病している犬にかまれたときに備えて持ってきています。

 

◎コンタクトレンズ用品

フィリピン人はコンタクト利用者は少ない為、こちらでは基本的に売られていません。普段お使いのものを持って来られる方がよいでしょう。

 

◎虫よけスプレー

フィリピンにも売られているようですが、あまり見かけません。というのは恐らく、日本で騒がれている程こちらでは蚊による病気の話はあまり聞かないからだと思います。普段使う事はあまりないかもしれませんが、不安な方は日本で購入されて来る事をお勧めします。

 

◎ポケットティッシュ

こちらは、大量に持って来られることをお勧めします。フィリピンではトイレにトイレットペーパーが置いていなく常時自分で持ち歩く必要があるのですが、かさばるため少々不便です。なので、

 

〇バンドエイド

こちらでもWatsonsで買えますが、あるのならば持ってきた方がよいでしょう。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って?洋服は何を持っていけば良いの?

 

‹衣類・履物類›

衣類は、こちらでもユニクロやフォーエバー等プチプラなお店からブランドまで、日本と同じ様に購入出来る為問題ありません。持ってくる衣類は、①夏服でカジュアル(洗濯機で洗われても良い様なもの)な服、②少し遊びに行く用の綺麗目な服(女性ならばワンピース等)を2着程持って来れば十分でしょう。

 

○Tシャツ

少なくとも5枚以上は持ってくるべきでしょう。ジム等に通いたい方はもう少し持ってくるべきです。こちらでもユニクロからブランド物まで色々と衣類を購入できますが、基本的には、洗濯機でがしゃがしゃ洗われても良いシンプルな物をお持ちになる事をお勧めします。

 

○上着

カーディガンやパーカーなどを1枚お持ちになれば良いでしょう。

 

○パンツやスカート

気候的にはショートパンツが良いですが、虫刺されなどを気にして私はいつも長めのパンツをはいています。

 

〇水着

プールがありますし海に行くこともあるかもしれないので、お持ちの物があれば持ってくるとよいでしょう。

 

◎下着

こちらでも品質の悪くないものを購入できますが、恐らく日本人とフィリピン人では体型が違うであろう為、日本で購入されてきた方がよいでしょう。

 

○靴下

こちらでも十分買えます。

 

〇サンダル類(ビーサンも)

こちらでも購入できますが、お持ちの物を2足ほど持って来られる事をお勧めします。

 

〇スリッパ

部屋内で履かれたい場合、スリッパを持参される事をお勧めします。こちらでも購入できます。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って?化粧品は日本から持ってきた方が良いの?

 

‹化粧品›

◎化粧水や美容液

◎クレンジング

◎洗顔フォーム等

これらは、必ずお持ちになった方が良いです。こちらでは、なぜかあまり基礎化粧品が充実していません…。売られているのは飛び切り高い物位です。恐らくきらしてしまったら日本から配送して貰う事になってしまうため、多めに購入され持って来られる事をお勧めします。

 

○その他化粧品(ファンデーションやチーク、アイシャドウやマスカラ等)

こちらは、日本や韓国、欧米ブランドの商品が沢山あるため購入することが可能なのですが、使い慣れているものをお持ちになった方が良いです。

 

 

‹バス用品›

〇シャンプー

〇コンディショナー

〇ボディシャンプー

短期滞在者やものすごくこだわりがある方はお持ちになられた方が良いと思います。長期滞在者の方ならば、こちらでも日本で馴染みの商品や(パンテーンやダヴなど)、Watsonsブランドの商品が購入可能なので(品質も良いです)、大容量持ってくる必要はないと思われます。

 

 

‹その他消耗品›

〇日焼け止め

フィリピンと言えばものすごく日差しが強いイメージがあるかもしれませんが、フィリピン留学生はあまり用心しなくて大丈夫です。というのは、平日はほぼ校舎と宿舎におり外に居る時間はその移動間のみ(恐らく5分未満)。休日は、大抵の生徒はSMモールなどのショッピングセンターへ行くため、外に居る時間があまりないだろうからです。それでも一応持ってきた方が良いですが、こちらでもサンブロック商品は売られていますし大量購入の必要はないと思われます。

 

○ヘアゴムやピン

こちらでも、安価で質の悪くない物を買えます。

 

○爪切り

こちらにもありますが、長期滞在者はお持ちになられる事をお勧めします。

 

〇かみそりや髭剃り等

こちらでも売られていますが、日本製品をお持ちになった方が良いでしょう。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って?文房具は日本で買った方が良いの?

 

‹文房具›

 

主要文房具

◎ボールペン

◎シャーペン

◎シャー芯

◎マーカー

◎消しゴム

◎ノート(数冊)

これら主要文房具は、日本で十分用意されてくる事をお勧めします。こちらでも日本製を含めた様々な文房具が売られていますが、クオリティは日本で売られているものの方が上です。毎日使う物なので、使い慣れているものをおおめに購入されて来くることをお勧めします。ノートはこちらで売られているため最初の数冊のみお持ちになれば良いでしょう。ただ、ルーズリーフをお使いの方は日本で用意されて来る事をお勧めします。フィリピンでは基本的にルーズリーフは売っていなく、仮に購入したとしても日本よりも値段が高いので^_^;

 

その他の文房具

〇はさみ

〇定規

〇付箋

〇ホッチキス

〇ファイル

これらはこちらでも安価に購入できるので、日本で購入されることにこだわらなくても大丈夫です。ただ、お持ちの物があるのならば持ってくる方が良いでしょう。特に、はさみ、ファイルは必ず使うと思います。

 

‹教材›

◎基礎英文法

◎単語帳

◎発音に関する本

◎各種試験対策本(TOEIC、TOFLE、IELTS等)

フィリピンに来たら全て英語で説明されたテキストしかもらえない&買えません。また、EMS等を使い郵送等をしてもらうと、本は重い為料金がかかるので、必要なものは購入されてくることをお勧めします。私がお勧めするのは、基礎英文法書は“FOREST”、単語帳は“DUO3.0”、発音本は“英語の発音が正しくなる本”などです。もし各種英語試験を受けたいと言う方であれば、更に公式問題集などを持って来られると良いでしょう。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って?電子機器編2(電圧器って必要?)

 

<電子機器>

◎iPodなどの音楽プレーヤー

iPhoneやスマートフォンをお持ちの方ならばそれらで問題はありません。因みに、イヤホンやヘッドホン等は、こちらでも色々と売られています。

 

◎カメラ

旅行等に行かれたい方は、カメラをお持ちになると良いかもしれませんね。

 

◎×変圧器

フィリピンの電圧は日本より高いため、電子機器を使用の際は、変圧をする必要があります。しかし、PCやiPhoneやスマートフォン等の充電器には変圧器機能がついている事が多いので、購入する前にまずは確認してみましょう。

確認方法は、お使いの電子機器の充電器の、コンセントではない部分に“100-240v 50/60ヘルツ”のような表示があるかどうかです。フィリピンの電圧は220V、日本は100Vであるため、最低220まで対応の物が必要です。変圧されず電子機器を使用した場合、フィリピンの高電圧には対応していないため確実に壊れてしまいます。そのため、PCのアダプター部分、スマホの充電器がフィリピンの電圧に対応しているかどうか必ずみましょう。(iPhoneは対応しているため、問題ないです。)変圧器は重く値段が高いのでなるべくならば購入したくはありませんが、最悪持って行きましょう。

因みに、フィリピンの周波数は60ヘルツ、日本は東日本が50ヘルツ、西日本60ヘルツであるためこちらは問題ありません。

 

×変換プラグ

フィリピンのコンセントの形状は、ほとんどが日本と同一の2つ穴であるため、必要はありません。

 

×ドライヤー:ドライヤーは、100Vまでしか対応していないためフィリピンで購入する必要があります。1000円前後購入可能です。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って何が必要?電子機器編

 

<電子機器>

◎電子辞書

これは必須です。留学の際、貴重品の次くらいに大事だと言っても過言ではありません。紙の辞書の方が良いと言った意見もありますが、私はだんぜん電子辞書をお勧めします。なぜならば、留学中は1日中授業も日常生活も全て英語で行われるため、辞書を限りなく迅速に引く必要がありからです。加えて、電子辞書にはたいてい数十冊分の辞書や書籍が収録されています。紙の辞書1冊買うと良い物だと1万円程してしまうため、電子辞書を購入した方がお得です。そもそも、紙の辞書重すぎますしね^_^;

もし長期的に本気で英語を勉強なさる予定で、かつ今持っている辞書が古いのであれば、思いきって新しいものを購入(しかも良いものを)することをお勧めします。また後ほど、辞書についての詳しい記事を書きます。

 

◎電子辞書の電池

最近の辞書は充電式に移行しつつありますが、お使いの辞書が電池式である場合は、必ず足りるようにお持ちになる事をお勧めします。こちらクラークでも電池は買えるのですが、どういうわけか減りがものすごく早いらしいです。(最短1日とのウワサもΣ)初期投資はかかりますが、充電式電池(eneloop)とその充電器を購入することをお勧めします。

 

◎PC

こちらも持ってきた方が良いです。授業で扱ったリスニングファイルを貰ってリスニングの練習ができます。また、友人や先生たちから貰った洋画ファイル(違法ダウンロード??笑)や、海賊版洋画DVD(フィリピンでは出回っており、10前後の作品が収録されているものを100円ちょっとで購入できる)を見る事も出来ます。持って来ればさまざまな形で英語学習ができます。

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、持ち物って何が必要?貴重品編

 

【貴重品】

◎パスポート

これがなければ出国できませんので、家を出発する直前、必ずチェックしましょう。私は一度、親に言われたため渋々確認したところ自室に置き忘れており、危うく難を逃れた事があります。これがなければ飛行機に乗れません。また、万が一の時のためにコピーも用意しましょう。

 

 

◎航空券

フィリピンへ入国する際は、片道航空券だけではなく帰国便(または第三国行きの便)の分も用意しておく必要があります。また、のちほど詳しく書きます。

 

◎クレジットカード

万が一の時の為に、一枚持っていると安心でしょう。クラークではSMモールなどの大型ショッピングモール内のお店など、比較的大きい店で利用が可能です。

 

◎国際キャッシュカード

現地ATMで現地を引き出せるカード。1か月以下の短期滞在者ならば作らなくても大丈夫かもしれませんが、3か月以上などの長期滞在者の方は作った方が良いです。

 

◎日本円現金

1か月以下の短期滞在者であれば、日本円現金を7万円前後持参し、こちらで必要な分を両替するのでも良いと思います。現地到着後、学校へ支払わなければならない代金が大体4万円~4万5000円ほど(VISAや光熱費、教科書代など)。さらに、お小遣い分(旅行などに行かなければ1か月大体1~3万円あれば十分です。)を足した額をお持ちになる必要があります。ただ、かなり高額であるため出来れば国際キャッシュカードをおつくりする方をお勧めします。現金は失くされてしまった場合保障がきかないからです。(財布をすられたなどの話は、こちらでは珍しくはないです。)国際キャッシュカードの作りかたについては、また後日説明します。

 

♥—Eureka—♥

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ