格安DVDを買う時の注意点

 

両者の顕著な違いは値段です。日本でDVDをレンタルする半額ていどで格安なのですが、シネマ・コピーは非常に魅力的なコンテンツとなっています。数作品入っているだけではなく、そのまとめられ方もなかなかのものです。アメリカンドラマならば1シーズン、ハリーポッター等シリーズ物ならば全作品、他、有名俳優(トム・クルーズ、アンジェリーナ・ジョリー)ごとやプロダクション(ディズニー等)ごとにまとめられ、1つで関連作品全て含めていますといった感じなのです。量と質、二者択一です。なので、見た事の無い未知数の作品群はシネマ・コピーで、何度も見るお気に入りのDVDはDVDコピーで、など使い分ける方法もあるかもしれません。

 

2、DVDが作動するか、必ずチェックする

ノートPCを持っている場合、PCを持って行き店内でも良いのでチェックする事をお勧めします。というのは、時々不良品が混じっているからです。店内にもDVDプレーヤーはあり確認はできるのですが、あまり性能が良く無く画像と音声のズレなど細かいところまで気付かない可能性があります。返品可能かどうか分からないため、購入される前にしっかりと確かめられることをお勧めします。

 

さて、雑談なのですが、これら格安DVDはムスリムの人たちが売っている事が多い気がします。ムスリムの人たちというのはヒジャブという布で身体を覆っているため一目で分かるのですが、その理由を色々と考えていたところなんとなく思い当たることが。フィリピンはカトリック教国であるため、彼らの大半は海を渡ってやってきたマレーシア出身やミンダナオ島出身なのですが、彼らにとってはこちらは定住先ではありません。そのため、軽くて持ち運びしやすく、万国共通どこでも売られるDVDが適したビジネスなのかもしれません。生ものやパン、バッグ等の販売に比べ、気軽にはじめ、気軽に畳める商売だと思うので…。そう考えると、皮肉にもなかなか良い商売にも思えてきますね苦笑。

 

♥—Eureka—♥

格安DVDには2種類ある?シネマコピーとDVDコピーの違い

 

ただ、購入する場合は注意点が2つあります。

 

1、DVDには2種類あるため、用途によって買い分けるべし。

 

これら格安DVDは、主に2種類あります。①クリア(シネマ)・コピーと②DVDコピーです。これら2つはスペックが色々と違うのですが、決定的に違のが名前を見ての通り、①クリア(シネマ)コピーは映画館で上映された映画を撮影しDVD化したもので、②DVDコピーは、正規のDVDをコピーしたものです。以上の作られ方の違いにより、両者のDVDはそのクオリティや作品数、値段が変わってきます。

 

①シネマコピー

・画質が悪い

・スクリーン小さい

・音質もあまり良くない

・通常10作品弱入っている

・1DVD:50ペソ

・サブタイトル付き(当然日本語音声無し)

 

②DVDコピー

・正規品DVDをコピーした物であるため、画質良い、

・スクリーンサイズはオリジナルと同じ

・音質よし

・一作品のみ

・1DVD:30ペソ(まとめ買いで25ペソ)

・サブタイトル付き(当然日本語音声無し)

 

以上が両者の主な違いです。私は以前バギオに居た頃、友人が持っていた①のシネマ・コピーもののDVDを見てみました。サブ・タイトルも見られるし物凄く悪くはなかったのですが、やはり画質と音質に不快感を抱きました。しかし、こちらで友人とその話題になったところ、2種類あったことが発覚。クラークにあるDVDショップにはDVDコピーが多く売られていることをしりました。

 

本来ならば違法行為であるDVDのコピー。製作者側の金銭的な利益を考えれば控えるべきであると思う一方、広くその芸術性を広められるという意味では、これら安いDVDも決して悪いだけの存在ではないのではとも思います。

 

フィリピンでは正規品のDVDもSMストアで安く購入できますので、いずれの方法にしてもDVDで英語学習が進むとよいですね(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、格安DVDってどこで買えるの?

 

さて、それではこれらDVDをアイザック周辺どのあたりで売られているか説明します。SMモール等の大型モールでは売っていない為、ナイトマーケットや、ネポモール近くの出店あたりになります。

 

ご存じない方の為に説明しておくと、ナイトマーケットとは夜の路上市のようなもので、靴や衣類、バッグ等が通常昼間で売られている価格よりもさらに安く買える事が多いらしいです。私はバギオの頃一度行ったっきりのためこちらではどこで何時から開かれているのかがわかりません。その為、改めてナイトマーケットの事は書くとして、ネポモール近くでDVDが売られている場所について書きます。

 

ネポモール近くのDVDショップは、ネポモールのある通り沿いのジェンラモール(ネポモール似のショッピングモール)に垂直に伸びている道の事をさします。ジプニー+徒歩で30分弱か、トライシクルで15分前後で、この近くまで来ることは可能です。こちらへ来た際他の生徒やスタッフさんに聞けば、行き方が分かると思います。

 

この近隣にはDVDショップが多数あるのですが、いくつか値段を聞きつつ回ってみてください。店により、値段が違います。例えば、A店ではDVD3点で100ペソでしたが、B店では1点30ペソという具体です。因みにB店では5点以上まとめ買いをすると25ペソになるそうです。DVDも新作から名作まで比較的色々とありました。

 

247

 

ラブストーリー、ヒューマン、アクション、SF、ホラーと、ジャンルごとに大体まとまっています。

しかし、購入する場合、注意点が2つあります…。

 

♥—Eureka—♥

フィリピンではイミテーションものが出回っている!?

フィリピンでは、イミテーション(imitation)と呼ばれる、正規品のまがいもの・偽物が数多く出回っています。通常数万円から数十万円するコーチやルイ・ヴィトン、プラダなど名だたるブランドの商品が数千円で買えてしまうのだから、正規品ではない事は明らかですね笑。しかし面白いのは、売る側はパクリ物だとは認めながらも、その中でもクオリティが高い事を強調する点です。“偽物よね?”と聞くと、“まあ。けれどクラスAのものよ”と言う様に、限りなくオリジナル商品に近い事を強調します。その勢いたるもの、“型落ちしてしまっているけれども本物よ”の的な、正規品の中古の様な感じです。パクリ物だと認めているのだけれどブランド感は強調すると言う必死の抵抗が面白おかしいです苦笑。

 

さて、ブランド物の靴や財布、バッグ以外にイミテーションものと言えば、DVDがあります。日本では、正規品の購入やレンタル以外の方法以外には、DVDをソフトを使ってコピーする方法なども存在しますが、して良いものなのかどうかグレーであったり、仕方もいまいち分からなかったため結局レンタルをしていました。しかし、好きな映画だと繰り返し借りたりしてしまい勿体ないとも感じていたので、海賊版DVDが売られているのを見たとき、違法であり著作権の事を考えれば買うべきではないと思いますが、優れた作品に多く触れられる機会でもあるため、非常に魅力的に映りました。

 

DVDの詳細を説明し始める前に大前提を。フィリピンで売られているDVDは、洋画やアメリカやイギリスのドラマ、韓国ドラマ、アニメーション等が主なコンテンツですが、サブ・タイトルは英語、音声も英語です。日本のDVDの様に吹き替え版や字幕日本語だったりはしません。先ほどレンタルDVDの話を出しましたが、普段借りているDVDとはまた別物のオールイングリッシュであるという事をまずはご了承ください。

 

♥—Eureka—♥

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ