フィリピン留学、電圧ってどうなっているの?変圧器を購入するべき?

 

フィリピンの電圧は220Vと100Vである日本の2倍以上高いため、電子機器を使用する際は必ず変圧をする必要があります。その際、PCやiPhone・スマートフォン等の充電器には変圧機能がついている場合が多いため、変圧器を購入する前にまずは確認してみましょう。

 

確認方法は、お使いの電子機器の充電器の、コンセントではないハード部分に、“100-240v 50/60ヘルツ”のような表示があるかどうかです。例えばPCであれば、ACアダプターが変圧器の役割を果たしており、その様な表示が見られるはずです。

 

163

 

これは私のPCのACアダプターなのですが、“AC ADAPTER”という文字の下に“100V~240V”との記載が見られます。つまり、220Vであるフィリピンの電圧もカバーされているため、こちらの充電する際こちらのアダプターを使えば知らぬ間に変圧もされているという事です。

 

同じように、iPhoneの充電器にも100-240Vとの記載があります。なので、iPhoneをお使いの方は、iPhoneの充電に変圧器は必要はありません。

 

164

 

もしもお使いの電子機器が220Vまで対応されていなかった場合、値段も高く重いですが、変圧器を購入する必要があります。変圧せず電子機器を使用した場合、フィリピンの2倍以上もする電圧により電子機器は確実に壊れてしまいます。数十万するPCが壊れるくらいならば、5000円未満で買える変圧計を確実に買うべきです。Amazonなどで購入できます。

 

仮に変圧器を購入しフィリピンで使った場合、たびたび熱くなり、その後安全装置が働き使えなくなります。また熱がさめると機能し始めるのですが、使い始めると直ぐに発熱し冷却にも時間がかかるため(=つまりなかなか充電できない)変圧器が壊れたのかと思ったの時期がありました。そこで調べたのですが、フィリピンの電圧が高すぎるせいで安全装置が作動してしまうだけだったようです。仮にたびたび停止しても、壊れたと勘違いし捨てないようにしましょう笑。

 

因みに周波数に関しては、フィリピンが60ヘルツ。日本は東日本50ヘルツ、西日本60ヘルツであるため問題ありません。

 

以上、フィリピンの電圧についてでした。

 

♥—Eureka—♥

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ