私が外国人との二人部屋をお勧めする理由

 

私個人は長らく2人部屋を選んできたので、上記の一人・三人部屋のメリット・デメリットは以前友人達から聞いたものになります。特に日本人は、絶対に一人部屋だけは譲れないといった人も見かけますし、各部屋、長短どちらもあるようなのですが、個人的には、外国人がルームメイトの二人部屋をお勧めしたいです。

 

他の部屋割りをほぼ経験していないため、かなり主観的なアドバイスになってしまうのですが、特に留学初心者さんにとっては、最も適した部屋割りなのではないかと思います。なぜならば、外国人のルームメイトがいれば、英語を使う機会も俄然増えスピーキングが伸びますし、異文化について話したりするなど、留学ならではの経験も出来るからです。ならば3人部屋でも良いような気がするのですが、3人部屋だと先に述べたように国籍が偏りますので、ルームメイトが韓国語ばかりを使うといった状況にもなるからです。また、二人というのは三人よりも関係性にバランスが取れやすいため、仲良くもなりやすいです。土休日なども二人で行動したりすることになるため、その意味でも二人がお勧めです。(ただ逆に、日本人と二人になってしまうくらいならば外国人も含む3人部屋の方が良いと思います。)

 

もちろん、一人部屋ならば気遣わなくて済む事も沢山あり快適だとは思うのですが、そのようなプラスの面を差し引いても、外国人(主に韓国人でしょう)と二人部屋以上で暮らす事で得られる物はものすごく大きいです。超主観的ですが、留学の濃さも半減してしまうと言っても過言ではないと思います。

アイザックの場合、特に繁忙期である夏休みや冬休み期間を除く期間であれば、部屋数が多くある為、希望通りの部屋割りになると思います。空き部屋がある限り一人部屋への変更も気軽に出来るため、是非、はじめは二人部屋以上にトライしてみてはいかがですか?

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学!各部屋割りのメリット、デメリットとは??

 

ホームステイが一般的な欧米留学とは違い、フィリピン留学では、基本的に学校付属の寮に住むことになります。寮は1~4人部屋を選ぶことが出来る場合が多いですが、(アイザックでは1~3人部屋です)、部屋割りによりその後の留学生活が左右されることもあります。

今日は、ずばり、何人部屋にするかで迷っているあなたに向け、それぞれの部屋割りのメリット・デメリットについて書きたいと思います☆(一人部屋、二人部屋、そして三人部屋についてです。それ以上は分からないので苦笑。)

 

 

1人部屋

<メリット>

・部屋を独占出来る為、置きたいところに物を置ける(空間的自由)

・部屋に居る間は一人な為、相手に煩わされる事がない(時間的自由)

例1)何かに集中しているときに相手に話しかけられたりすることがない

例2)好きな時間に消灯・起床時間をし、相手の事を考えず電気を点けられる

 

<デメリット>

・英語を話す機会が減る

・友人が出来にくい

・2人部屋以上に比べ、休日一人になる可能性が高い

・値段が高い

 

2人部屋

<メリット>

・空間的・時間的自由が、ある確保されている。アイザックの場合、机やロッカーが4個ずつある為、2個ずつ広々と使える

・恐らく、他の部屋割に比べて最も英語を話す機会が多い(特に相手が外国人の場合)

・ルームメイトと仲良くなりやすく休日一緒に出掛けたりしやすい。良い思い出が出来る

・値段が、1人部屋よりは高くはない

 

<デメリット>

・1人部屋と比べたら、日々多少相手に気を使いつつ生活することになる。

・値段が、1人部屋よりも安いが3人部屋と比べたら高い

 

3人部屋

<メリット>

・英語を話す機会がある

・友人が多く出来る

 

<デメリット>

・2人部屋以下と比べると、やや部屋が狭くなり自由は減る。バスルームを使用する時間や就寝・起床時も含め、

気を遣う事が増える。

・特にルームメイト2人が韓国人だった場合、部屋で韓国語が飛び交い、孤独感がある。

・他のルームメイト2人の仲が悪かったりすると、影響を受け生活に支障が出る(ふつうは無いと思いますが^_^;)

 

♥—Eureka—♥

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ