私が恋してしまったフィリピンのパフェ、ハロハロ!

 

お待たせしました!スイーツ男子、女子の皆さま!!!

フィリピンと言えば思いつくスイーツってありますか??そう、今回は、私が恋してしまった、日本でも大人気なあのスイーツをご紹介します!!!!!

 

そのスイーツとは…ご存じ、ハロハロ(Halo-halo)!!!

 

100

 

もしかしたら、ハロハロは知っているけれども、フィリピン発のスイーツだったことは知らなかった、という方がいらっしゃるかもしれません。実は私がそうです笑。そのトロピカルな響きからハワイのスイーツかなあと勝手に思っていたのですが、こちらフィリピンスイーツでした。

 

ハロハロとは、タガログ語で“ミックスミックス”という意味で、日本で言うところのパフェやサンデーに相当します。かき氷やミルクをベースに、バナナやココナツ等の各種フルーツや甘く似た豆や芋類、アイスクリーム、プリンやゼリー、タピオカ等の多様な素材を混ぜている事からこの名がつけられたようです。

 

さて、このハロハロ、フィリピンではレストランやファーストフード店等いたるところ食べられます。日本でいうティラミス位、メジャーなスイーツなのです。それでは、今日このハロハロを食べられる店で私が是非お勧めしたいのがこちら>ω<!!!

 

Mang Inasal(マング イナサル)

39

 

この店はフィリピンで展開しているフィリピン料理のファストフード店なのですが、こちらのハロハロが、本当に、とーっても美味しいです…>ω<♡

 

以前パインスバギオ校に居たとき、甘党(sweet tooth)であると話した私に先生が紹介してくれたのがきっかけでこちらのハロハロ知ったのですが、特別期待もせず食べに行った私は、あまりの美味しさに大変感動をしたのを覚えています。それからというもの、2か月間、毎週末は必ずハロハロを食べるようになりました。平日はハロハロを生きがいに勉強をし、週末はハロハロのためにタクシーで15分かけて行くといった感じです。(誇張ではなく実話です。)

 

Mang Inasalのハロハロ↓↓

104

 

こちら、Mang Inasalのハロハロは、他店と比べても高くは有りません。SサイズP49(約113円)、LサイズP69(約159円)とお手頃。同じくファストフード店であるchowking!のハロハロと比較しても、Mang Inasalの方が安く俄然美味しかったです。

 

こんなに絶賛してしまうとものすごく期待抱いてしまわれるだろう為、特に舌が肥えている方の期待を裏切らないか心配なのですが苦笑、大抵の方には満足していただけるのではないかと思います。私だけではなく友人たちも毎週末食べる程気に入って食べていたので☆

 

因みにこのお店は、他にチキン等も美味しいため、またチキン特集を組みたいと思います!どうぞお楽しみに(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

ARMY NAVY のブリートが美味しい><♥!!!

 

「フィリピンへ行ったら、食事はいつもフィリピン料理を食べる事になるの…?」

いえいえ、そんな事こざいません!フィリピンでも、日本と同じようにラーメンやピッツァ、スパゲティ等何でも食べられます(^ω^)今回は、食べる事が生き涯、美味しい物が大好きな私がハマってしまったあのお店を紹介します…!

 

こちらは、アメリカンカジュアルダイニング“ARMY NAVY”というお店。ハンバーガーとブリートが主なメニューです。

 

37

 

他の店と同様、店内入ってすぐ、まずはカウンターでメニューを見ながら注文します。

 

68

 

メニューはこちら。(フィリピンペソ×2.3=日本円です。仮に100ペソならば230円程。)

因みにこちらのメニュー表は少々古いため、実際には+1~2割程高くなっています。

 

66

 

色々とメニューがある中、私が特にお勧めしたいメニュー。それが…こちらのブリート…>ω<♡!!!

 

85

 

ブリートとは、小麦で作られたトルティーヤに具材を巻いたメキシコ料理。具材は米やトマト、レタス、チーズ、サルサ、サワークリーム等で、一つでかなりボリュームがあります。

私がこの日注文したのは、“チキンブリート”1個165ペソ(=310円)。一緒に運ばれてきたサルサソースやクリーム系ソースを加え、自分好みに調節しながら食べます。因みに他には、ポークやビーフ、ベジタブルブリートがあります。いろいろあり迷いますが、食べごたえがある方が良いという方は、お肉がごろごろ入っているビーフブリートがお勧めです。

 

中はこのような感じ↓↓

93

 

日本ではそこまで馴染みのないメキシコ料理。実はこちらへ来るまでブリートを食べた事がなかったのですが、Army Navyで初めて食べビックリ!!!非常に美味しくて感動しました!!!いつかメキシコへ行って本物を食べてみたいものです。

 

因みにこちらのお店では、ブリートの他にもハンバーガーやピザ、ポテト等を注文できます。どれも美味しかったので、恐らくメニューに外れの無いお店なのだと思います。美味しさのグレード的にはフレッシュネスバーガーといったところでしょうか。フィリピンではたまに「(T_T)」なお店に遭遇することもある中で、こちらのお店は安心して来られます☆

 

他のメニュー☆

959469

 

当分ブリート一色でいきそうですが、また他のメニューで美味しい物があれば載せますね!!

以上、Army Navyのブリート特集でした(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

甘いパスタが食べられる!?フィリピンで子供たちに大人気!!あのファストフード店とは!?

 

ファストフード天国であるフィリピンでは、マクドナルドやKFCなど日本でもお馴染みの店から、“Chowking(超群)”(中国料理)や “Mang Inasal”(フィリピン料理)など日本未上陸の店まで色々とあります。約300円ほどで手軽に食べる事が出来るため、時間やお金がないときなどは重宝します。

今回は、マクドナルドをしのぎ、フィリピンでのファストフード店舗数NO.1を誇る、あのお店について紹介します!!!

 

ジョリビー(Jollibee)

35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛い蜂のキャラクターがトレードマークなハンバーガーチェーン店で、子供人気が高い店です。一度街で着ぐるみジョリビーに遭遇したとき、ミッキーマウスさながら、ものすごく遠くにいる子達からもジョリビーコールを浴びせられていました。かくいう私もちゃっかり呼びとめて写真をせがむなど、こちらでは皆が知るアイドル的存在です。

61

 

こちらのジョリビー、業務形態やメニューはマクドナルドとほぼ同じなのですが、味つけなどがよりフィリピン人向けである為支持されているお店と言えます。しかし、知名度抜群のマクドナルドをしのぎフィリピンNO.1店舗数となった理由は、マーケティング戦略にあるようです。少子化である日本と違い出生率3.27(世界平均2.1、日本1.43)あるフィリピンでは、子供に愛されるお店で事がより多くの客を呼ぶ鍵。テレビCM等の広告で愛らしい蜂Jollibeeをアピールしたことにより、子供たちの為にとファミリーのお客さんでにぎわっています。誕生日会も貸切で出来たりもするみたいです。

 

こちらはメニュー↓↓

60

 

さて、こちらのジョリビーへ来たとき、是非注文してみると良いのが、“チキン”と“スパゲッティ”です。オイリーでソルティーな食べ物が好まれるフィリピンでは(ヘルシーな日本食とは真逆です苦笑)、どのファストフード店でもチキンが売られているのですがジョリビーのチキンは美味しいと評判が高いです。

そしてスパゲティ。こちらを試してみて欲しい理由は、実は“甘い”スパゲティだからです。オイリー、ソルティーに加え、スウィートな食べ物も好まれるフィリピンでは、炭水化物であるスパゲティまで甘口。いかにも子供に好まれそうな味です。

 

65

 

ただ、基本的にフィリピンではスパゲティを頼む事を控えた方が良いかもしれません。友人が他店でカルボナーラを注文した時そうとう甘かったらしく、食べられなかったと言っていました。トマトベースならばまだしも、クリームベースのパスタでは本格的にスイーツっぽくなりそうで麺との絡みが少し怖いですよね。

 

ファストフード店である(しかも混んでいてそこまで安くはなくて特別美味しいわけではない)ため頻繁に行かれる事はお勧めしませんが、フィリピンへ来たならば是非一度は試してみてください☆

 

♥—Eureka—♥

フィリピン留学、Watsons!! 何が買えるの??

 

突然ですが、クエスチョン!!!

こちらのお店、一体何のお店だかわかりますか??

 

26

 

そう、正解はドラッグストアです!!“Watsons”といい主にシンガポールや香港、韓国等に多数店舗展開しています。フィリピンではSMモールへ行けば見つかります。日本では、薬局と言えばマツモトキヨシやクリエイト等がメージャーですが、Watsonsはこれらのショップよりも商品の配置が綺麗で高級感のある、つい寄ってしまいたくなる雰囲気のあるお店です。

 

こちらのお店では、化粧品からヘアケア・スキンケア商品、そして薬まで、幅広い商品が売られています。

まずは化粧品コーナー。

 

28

 

日本でもおなじみ、REVLONやMAYBELLINEなども売られています。確かではないのですが、値段は日本よりとほぼ同じく少しだけ安そうです。

 

続いて、ヘアケア商品を見てみましょう。

 

27

 

パッケージの可愛いWatosonsオリジナルブランドの商品が色々と売られており、つい気になります。値段は、シャンプーが150~200ペソ(345~460円)程、コンディショナーが大体230ペソ(530円)程と、フィリピンにしては割と割高!?

と一瞬思いきや、そんな事ありません!! これらの商品、実は多くが“Buy1Take1(一つ商品を購入するともう一つをタダで貰えるサービス)”の対象内であるため、実際にはこちらの値段で2個買えてしまうというわけです。実質、一つ当たりの値段が半額の様なもの!大容量なのに大変安いです。

(因みに私は、Buy1Take1対象外でオーガニック商品であるオリーブの商品を使っています(写真真ん中列一番右緑色の商品)。泡立ちはあまりよくありませんが、日本で使っていたサロン品質ものにそこまで遜色なく、洗いあがりはサラサラし艶感も出ます。

 

もし馴染みのある商品が良いと言うのであれば、“ダブ”や“パンテーン”等も購入できるのでご安心を。重い思いをしてヘアケア商品を日本から大容量持ってくる必要はありません。

 

29

 

石鹸コーナーにうつります。こちらは、フィリピン土産としても大人気「パパイヤ石鹸」コーナーです!!

 

30 17

 

毛穴の黒ずみや美白効果が期待されるパパイヤエキスが配合されているらしいこれらの商品。以前バギオへいたとき、韓国人の友人が帰国直前に30個程買い込んでいて、その人気を知りました。日本にも愛用者の方々が居るらしく、一つ200~300円で売られているみたいですが、こちらで買うと100円前後になります。

因みに私が試した感想は、美白効果などは定かではありませんが笑、匂いも柔らかく洗いあがり後もさっぱりして、悪くなかったです。安いですし、是非一度お試しあれ☆

 

最後にこちらが、パパイヤ石鹸のもととなっているフルーツ、パパイヤ。

フィリピンでは大きいものでも50~100円で購入出来、マンゴー共にヘルシーで大好きなフルーツです♪

 

22

 

♥—Eureka—♥

SMモール内勉強に最適なカフェ2!!!韓国系カフェ、カフェベメ♡

 

さて続いて、もう1件スタバよりもオススメなカフェを紹介します!アメリカシアトル発のスタバと打って変わって、韓国発のカフェです。

 

2.“Caffee beme(カフェベメ)”

20

 

こちらのお店も、テラス付きの、オープンな明るい雰囲気のカフェです。入口には、イメージキャラクターなのかチャン・グンソクのパネルがあり、スイーツと同じくらい甘いマスクで私たちを店内へと誘います…♪

 

店内へ入ると直ぐに、可愛いケーキが並べられたショーケースやレプリカ等が置かれています。私のルームメイトは右上奥のチョコレートケーキを大変気に入っておりいつもオーダーします。私にもくれるのですが、大変濃厚で美味しいです。

余談ですが、韓国人は好物を含めた自分の食べ物をシェアしてくれることが多いです。食べる事を生きがいにしている私は、韓国人のその様な国民性が大好きです♡

 

19

 

メニューの充実度や単価は、ほぼスタバと変わらないか、少しだけ高めです。ただ、韓国ではもう少しお値段張るらしく、韓国人の友人達にとってはお得感があるようです。韓国では至る所で見かける有名コーヒーチェーン店らしいので、恐らく日本で言うタリーズみたいなお店なのでしょうね。

 

こちらは店内の様子。

 

21

 

余談になりますが、フィリピンでスイーツを食べたいと思った時は、今日紹介した様な外国資本のカフェへ行った方が良いです。フィリピン資本のスイーツショップもあるのですが基本的にただ甘いだけの、あまり美味しくないものが多いです。

こちらはジェラート☆

 

18

 

というわけで、クラークのSMモール内にある勉強しやすいカフェを2店、紹介しました。クラーク、そしてアイザックへ勉強しに来られる皆さんは、是非、これらカフェを活用してみてくださいね(^ω^)

 

♥—Eereka—♥

フィリピン留学、休日の過ごし方はカフェ勉で決定!おすすめカフェ1

 

平日は、寮と校舎に缶詰状態で勉強するフィリピン留学生にとって、休日は羽を伸ばせる貴重な時間です。しかし、予習などがあるため遊んでばかりはいられません!!!羽を伸ばしつつ有意義な時間を過ごすために、カフェ勉をしてみてはいかがですか?というわけで、是非お勧めしたいカフェ@SMモール内をご紹介します!

 

NO.1“STARBUCKS COFFEE”

53

 

ご存じ、日本でもおなじみのスターバックス。SMモール内には2つあり、特にテラス席のある広い方のスタバがお勧めです。フィリピンには日本の様にカフェやファミレスで勉強をする習慣がないため、他店では長居すると嫌がられる事もあるそうなのですが、スターバックスは客単価が高いため心配要りません。見回してみると、他の客も韓国人や欧米人など外国人ばかりで、皆それぞれに読書や宿題などをしています

 

56

 

外観は日本とさほど変わらないのですが、さすがフィリピンのスタバ、メニューがユニークです。マンゴーやパッションフルーツなどをベースにしたドリンクや、マンゴーパイなど、トロピカルな商品もあり。更には、バターや砂糖たっぷりの「バノフィパイ」や「ブロンディ」などの欧米で好まれる激甘スイーツも充実。日本のスタバでは見かけない品揃えです。

 

55

 

一部商品の値段を紹介すると(左からSmall、Large)、

・アメリカンコーヒー…250円、310円

・ブレンドコーヒー…230円、276円

・キャラメルフラペチーノ…322円、368円

・ニューヨークチーズケーキ…288円

 

と、日本よりも数割安くなっています。日本ではしょっちゅうは行けないスタバですが、こちらでは割と安めですし多用出来ますね。因みに、こちらはフィリピン限定デザインのマグ達。語学学校ではウォーターサーヴァーが多数あるため、マグを用意する必要があるのですが、思い出にもなりますしこちらで購入しても良いかもしれませんね。値段は、共に450ペソ(=1035円)程。

 

40

 

続いてもう1店、私と韓国人のルームメイトが実はこちらのスタバよりもよく行きつけているあのお店について紹介します!!

 

♥—Eureka—♥

フィリピンのブックストア!文房具って、フィリピンでも買えるの!?

 

さて、続いて、National Book Store内の文房具売り場に移ります。

文房具の品質が世界一だと言われる日本。韓国人の友人達からも、日本ブランドを愛用していると言われることもありその世界的人気を実感しているのですが、フィリピンでは日本もののペンを購入することが出来るのでしょうか?

 

33

 

こちらが日本の文房具コーナーです。PILOTやPentel等、日本でもなじみのペンが置かれています。しかし、置かれているペンは比較的安くやや古いもの。文房具は留学中毎日使うもので、品ぞろえの良い日本で高品質のものを購入してきた方が、のちの勉強もはかどると思います。因みに私は、uniのJetstreamの多機能ペン(ボールペン4色とシャープペンシル)と、PILOTのFRIXIONマーカー(こすると消えるマーカーペン)を愛用しています。こちらでは購入できないものの為、楽天の「文喜堂」などで大量に安く購入しこちらへ持ってきています。

 

さて、続いて、是非立ち寄ることをお勧めする、メッセージカード等が売られているコーナー☆

 

45

 

日本では割高な海外のカード(バースデイカードやクリスマスカード等)類を、こちらでは安価に購入することができます!デザインも、ポップで可愛いものが多く揃っています!!

例えばこちらのキュートなカード↓↓

 

46

 

女子が好きな色、ピンクが基調な、カラフルでトロピカルなデザインが可愛いですよね☆俗に言う女子力があまり高くない私ですら、少なからずときめいてしまいます。お値段は、37ペソ(=85円)…!!!

 

こちらは、打って変わってボーイッシュなデザインのカードです。しかし、メンズもののグッズがモチーフでもポップさがあるため、落ち着きの中にお洒落さもあるカードになっています。お値段は、42.5ペソ(=97.75円)。男性へ向けたカードとして良いかもしれませんね(^ω^)

 

52

 

以上、National Book Storeでした。フィリピンお越しの際は、是非立ち寄って見てくださいね♡

 

♥–Eureka–♥

フィリピンのブックストアってどんな感じ!?

 

「フィリピンって、本屋さんとか充実しているの?というかそもそも本屋さん自体あるの??」

もしかしたらその様に思われている方がいらっしゃるかもしれません。

答えはもちろんYESなのですが、それでもと言う方の為に今日は写真を交えて紹介いたします☆

 

50

 

こちらが、恐らくフィリピン最もメジャーな本屋さんである“National Book Store”。フィリピンでお馴染み、大型ショッピングモールSMモール内や、街中で見掛けることができます。店内は、日本の本屋さんと同じく、様々なセクションに分かれており(本や雑誌などから、文房具等の雑貨まで)、見るものが沢山あるため楽しいです。

 

まずは本コーナーの様子。

 

34

 

明るい雰囲気で、特に小説の品ぞろえが多いです。日本と同じく“Fiction”“Horror”“Rommance”等、様々なジャンルに分かれているため目的に合わせて探しやすくなっています。

 

ハリポタ

 

 

タガログ語の本もありますが、英語で書かれた本が多いです。また、既に日本語訳され馴染みのある本も多数売られている為、買って読んでみるのも良いと思います。

というのは、以前バギオに居た頃、英語力を短期間で伸ばすのにはどうすれば良いか先生に相談した時、「Reading」と仰っていたからです。例え分からない単語やセンテンスがあっても、文脈から推測しながら読むため覚えやすくなるのだとか。また、他の先生は、「Writing力を向上したければ沢山Readingをすること」と仰っていました。ReadingとWritingはいわば双子の兄弟で、沢山の文章に触れる事で書けるようになるそうです。元々の値段$より安い場合が多いですし、一度見てみる事をお勧めします。

 

因みにこちらは日本語の教科書です。着物を着た女性やお城、日の丸が表紙になっており、

それらが日本のイメージなのだなと改めて認識させられます。面白いです。

49

続いて、文房具売り場(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ