フィリピン留学、Watsons!! 何が買えるの??

 

突然ですが、クエスチョン!!!

こちらのお店、一体何のお店だかわかりますか??

 

26

 

そう、正解はドラッグストアです!!“Watsons”といい主にシンガポールや香港、韓国等に多数店舗展開しています。フィリピンではSMモールへ行けば見つかります。日本では、薬局と言えばマツモトキヨシやクリエイト等がメージャーですが、Watsonsはこれらのショップよりも商品の配置が綺麗で高級感のある、つい寄ってしまいたくなる雰囲気のあるお店です。

 

こちらのお店では、化粧品からヘアケア・スキンケア商品、そして薬まで、幅広い商品が売られています。

まずは化粧品コーナー。

 

28

 

日本でもおなじみ、REVLONやMAYBELLINEなども売られています。確かではないのですが、値段は日本よりとほぼ同じく少しだけ安そうです。

 

続いて、ヘアケア商品を見てみましょう。

 

27

 

パッケージの可愛いWatosonsオリジナルブランドの商品が色々と売られており、つい気になります。値段は、シャンプーが150~200ペソ(345~460円)程、コンディショナーが大体230ペソ(530円)程と、フィリピンにしては割と割高!?

と一瞬思いきや、そんな事ありません!! これらの商品、実は多くが“Buy1Take1(一つ商品を購入するともう一つをタダで貰えるサービス)”の対象内であるため、実際にはこちらの値段で2個買えてしまうというわけです。実質、一つ当たりの値段が半額の様なもの!大容量なのに大変安いです。

(因みに私は、Buy1Take1対象外でオーガニック商品であるオリーブの商品を使っています(写真真ん中列一番右緑色の商品)。泡立ちはあまりよくありませんが、日本で使っていたサロン品質ものにそこまで遜色なく、洗いあがりはサラサラし艶感も出ます。

 

もし馴染みのある商品が良いと言うのであれば、“ダブ”や“パンテーン”等も購入できるのでご安心を。重い思いをしてヘアケア商品を日本から大容量持ってくる必要はありません。

 

29

 

石鹸コーナーにうつります。こちらは、フィリピン土産としても大人気「パパイヤ石鹸」コーナーです!!

 

30 17

 

毛穴の黒ずみや美白効果が期待されるパパイヤエキスが配合されているらしいこれらの商品。以前バギオへいたとき、韓国人の友人が帰国直前に30個程買い込んでいて、その人気を知りました。日本にも愛用者の方々が居るらしく、一つ200~300円で売られているみたいですが、こちらで買うと100円前後になります。

因みに私が試した感想は、美白効果などは定かではありませんが笑、匂いも柔らかく洗いあがり後もさっぱりして、悪くなかったです。安いですし、是非一度お試しあれ☆

 

最後にこちらが、パパイヤ石鹸のもととなっているフルーツ、パパイヤ。

フィリピンでは大きいものでも50~100円で購入出来、マンゴー共にヘルシーで大好きなフルーツです♪

 

22

 

♥—Eureka—♥

SMモール内勉強に最適なカフェ2!!!韓国系カフェ、カフェベメ♡

 

さて続いて、もう1件スタバよりもオススメなカフェを紹介します!アメリカシアトル発のスタバと打って変わって、韓国発のカフェです。

 

2.“Caffee beme(カフェベメ)”

20

 

こちらのお店も、テラス付きの、オープンな明るい雰囲気のカフェです。入口には、イメージキャラクターなのかチャン・グンソクのパネルがあり、スイーツと同じくらい甘いマスクで私たちを店内へと誘います…♪

 

店内へ入ると直ぐに、可愛いケーキが並べられたショーケースやレプリカ等が置かれています。私のルームメイトは右上奥のチョコレートケーキを大変気に入っておりいつもオーダーします。私にもくれるのですが、大変濃厚で美味しいです。

余談ですが、韓国人は好物を含めた自分の食べ物をシェアしてくれることが多いです。食べる事を生きがいにしている私は、韓国人のその様な国民性が大好きです♡

 

19

 

メニューの充実度や単価は、ほぼスタバと変わらないか、少しだけ高めです。ただ、韓国ではもう少しお値段張るらしく、韓国人の友人達にとってはお得感があるようです。韓国では至る所で見かける有名コーヒーチェーン店らしいので、恐らく日本で言うタリーズみたいなお店なのでしょうね。

 

こちらは店内の様子。

 

21

 

余談になりますが、フィリピンでスイーツを食べたいと思った時は、今日紹介した様な外国資本のカフェへ行った方が良いです。フィリピン資本のスイーツショップもあるのですが基本的にただ甘いだけの、あまり美味しくないものが多いです。

こちらはジェラート☆

 

18

 

というわけで、クラークのSMモール内にある勉強しやすいカフェを2店、紹介しました。クラーク、そしてアイザックへ勉強しに来られる皆さんは、是非、これらカフェを活用してみてくださいね(^ω^)

 

♥—Eereka—♥

フィリピン留学、休日の過ごし方はカフェ勉で決定!おすすめカフェ1

 

平日は、寮と校舎に缶詰状態で勉強するフィリピン留学生にとって、休日は羽を伸ばせる貴重な時間です。しかし、予習などがあるため遊んでばかりはいられません!!!羽を伸ばしつつ有意義な時間を過ごすために、カフェ勉をしてみてはいかがですか?というわけで、是非お勧めしたいカフェ@SMモール内をご紹介します!

 

NO.1“STARBUCKS COFFEE”

53

 

ご存じ、日本でもおなじみのスターバックス。SMモール内には2つあり、特にテラス席のある広い方のスタバがお勧めです。フィリピンには日本の様にカフェやファミレスで勉強をする習慣がないため、他店では長居すると嫌がられる事もあるそうなのですが、スターバックスは客単価が高いため心配要りません。見回してみると、他の客も韓国人や欧米人など外国人ばかりで、皆それぞれに読書や宿題などをしています

 

56

 

外観は日本とさほど変わらないのですが、さすがフィリピンのスタバ、メニューがユニークです。マンゴーやパッションフルーツなどをベースにしたドリンクや、マンゴーパイなど、トロピカルな商品もあり。更には、バターや砂糖たっぷりの「バノフィパイ」や「ブロンディ」などの欧米で好まれる激甘スイーツも充実。日本のスタバでは見かけない品揃えです。

 

55

 

一部商品の値段を紹介すると(左からSmall、Large)、

・アメリカンコーヒー…250円、310円

・ブレンドコーヒー…230円、276円

・キャラメルフラペチーノ…322円、368円

・ニューヨークチーズケーキ…288円

 

と、日本よりも数割安くなっています。日本ではしょっちゅうは行けないスタバですが、こちらでは割と安めですし多用出来ますね。因みに、こちらはフィリピン限定デザインのマグ達。語学学校ではウォーターサーヴァーが多数あるため、マグを用意する必要があるのですが、思い出にもなりますしこちらで購入しても良いかもしれませんね。値段は、共に450ペソ(=1035円)程。

 

40

 

続いてもう1店、私と韓国人のルームメイトが実はこちらのスタバよりもよく行きつけているあのお店について紹介します!!

 

♥—Eureka—♥

フィリピンのブックストア!文房具って、フィリピンでも買えるの!?

 

さて、続いて、National Book Store内の文房具売り場に移ります。

文房具の品質が世界一だと言われる日本。韓国人の友人達からも、日本ブランドを愛用していると言われることもありその世界的人気を実感しているのですが、フィリピンでは日本もののペンを購入することが出来るのでしょうか?

 

33

 

こちらが日本の文房具コーナーです。PILOTやPentel等、日本でもなじみのペンが置かれています。しかし、置かれているペンは比較的安くやや古いもの。文房具は留学中毎日使うもので、品ぞろえの良い日本で高品質のものを購入してきた方が、のちの勉強もはかどると思います。因みに私は、uniのJetstreamの多機能ペン(ボールペン4色とシャープペンシル)と、PILOTのFRIXIONマーカー(こすると消えるマーカーペン)を愛用しています。こちらでは購入できないものの為、楽天の「文喜堂」などで大量に安く購入しこちらへ持ってきています。

 

さて、続いて、是非立ち寄ることをお勧めする、メッセージカード等が売られているコーナー☆

 

45

 

日本では割高な海外のカード(バースデイカードやクリスマスカード等)類を、こちらでは安価に購入することができます!デザインも、ポップで可愛いものが多く揃っています!!

例えばこちらのキュートなカード↓↓

 

46

 

女子が好きな色、ピンクが基調な、カラフルでトロピカルなデザインが可愛いですよね☆俗に言う女子力があまり高くない私ですら、少なからずときめいてしまいます。お値段は、37ペソ(=85円)…!!!

 

こちらは、打って変わってボーイッシュなデザインのカードです。しかし、メンズもののグッズがモチーフでもポップさがあるため、落ち着きの中にお洒落さもあるカードになっています。お値段は、42.5ペソ(=97.75円)。男性へ向けたカードとして良いかもしれませんね(^ω^)

 

52

 

以上、National Book Storeでした。フィリピンお越しの際は、是非立ち寄って見てくださいね♡

 

♥–Eureka–♥

フィリピンのブックストアってどんな感じ!?

 

「フィリピンって、本屋さんとか充実しているの?というかそもそも本屋さん自体あるの??」

もしかしたらその様に思われている方がいらっしゃるかもしれません。

答えはもちろんYESなのですが、それでもと言う方の為に今日は写真を交えて紹介いたします☆

 

50

 

こちらが、恐らくフィリピン最もメジャーな本屋さんである“National Book Store”。フィリピンでお馴染み、大型ショッピングモールSMモール内や、街中で見掛けることができます。店内は、日本の本屋さんと同じく、様々なセクションに分かれており(本や雑誌などから、文房具等の雑貨まで)、見るものが沢山あるため楽しいです。

 

まずは本コーナーの様子。

 

34

 

明るい雰囲気で、特に小説の品ぞろえが多いです。日本と同じく“Fiction”“Horror”“Rommance”等、様々なジャンルに分かれているため目的に合わせて探しやすくなっています。

 

ハリポタ

 

 

タガログ語の本もありますが、英語で書かれた本が多いです。また、既に日本語訳され馴染みのある本も多数売られている為、買って読んでみるのも良いと思います。

というのは、以前バギオに居た頃、英語力を短期間で伸ばすのにはどうすれば良いか先生に相談した時、「Reading」と仰っていたからです。例え分からない単語やセンテンスがあっても、文脈から推測しながら読むため覚えやすくなるのだとか。また、他の先生は、「Writing力を向上したければ沢山Readingをすること」と仰っていました。ReadingとWritingはいわば双子の兄弟で、沢山の文章に触れる事で書けるようになるそうです。元々の値段$より安い場合が多いですし、一度見てみる事をお勧めします。

 

因みにこちらは日本語の教科書です。着物を着た女性やお城、日の丸が表紙になっており、

それらが日本のイメージなのだなと改めて認識させられます。面白いです。

49

続いて、文房具売り場(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

パインスバギオ校とアイザック、英語を学ぶ雰囲気はどちらが上?

 

✓英語しか話してはいけないかどうか

 

・パインスバギオ校(クイサン…初・中級者キャンパス):校舎のみ英語以外の言語禁止(罰金)

・パインスバギオ校(チャピス…中・上級者キャンパス):校舎、寮、食堂、すべてのエリアで英語以外の言語禁止(罰金)

・アイザック:校舎のみ英語以外の言語禁止(罰金)、寮や食堂はOK

 

留学の醍醐味は、24時間、英語に浸かる事の出来る環境に居られることだと思います。日本語を一切シャットアウトし英語のみ話続けるかどうか、これが、留学を成功させられるかどうか左右します。

 

アイザックは、クラスルームのある校舎のみがオンリーイングリッシュゾーン。ここでは英語のみが話され、母国語等を話している所を見られたら罰金です。一方、隣接する寮や食堂では母国語OKではある為、初めから英語しか話せない環境はという方にとって過ごしやすい環境ではあります。しかし、勉強意識が高い生徒たちを中心になるべく英語で会話するような雰囲気があります。私の場合は他に日本人が1人しかいない為自然と英語を使い続けられるのですが(最高の環境です)、彼ら彼女らは意識的に韓国語を避け英語を話し続けています。3週間以上一緒にいますが、韓国語を話している所を見た事が無いほど徹底しているため、飛躍的に英語力をあげています。それがいかに意志のいる事なのか分かるため、本当に尊敬します。

 

パインスバギオ校へ行くのならば、大抵クイサンキャンパスからスタートをします。しかしこちらのキャンパスは、残念ながら校舎以外は母国語(主に韓国語)が飛びかり、英語への意識が高くはありませんでした。上級者コースであるチャピスどこでも英語が話されていますが、初級者の場合は大抵2か月以上クイサンでの学習となる為、なかなかその環境へ行けません。また、日本人が多い為時に隠れて日本語を話す事も可能です。

今後アイザックも、全エリアオンリーイングリッシュゾーンに移行していく事も検討中です。英語力を確実に伸ばしたいという方、是非アイザックへいらしてみてはいかがでしょうか(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

パインスバギオ校とアイザック、無料オプションクラスは何があるの?

 

✓オプションクラス数

・パインスバギオ校:多数用意

・アイザック:1h(リーディング)

バギオの人気校パインスバギオと比較した時、その知名度は劣れど、実力では勝るとも劣らないアイザック。しかし、現時点で確実に負けてしまっている点が一つあります。それは、オプションクラス数。オプションクラスというのは、8時半~5時半前後までの正規の授業以外にとることのできる、無料授業の事です。義務で参加しなければならないものと選べるものがあります。

 

パインスバギオ校は生徒数・先生数共に多かったため、オプションクラスが充実していました。ビジネス英語、発音、リスニング、先生付自習などです。私は毎月1、2個受講していましたが、正規授業とは異なる先生や仲間と異なる内容を学べて、どのクラスも非常に充実していました。

ただ、正規授業の宿題が大変な学生や、セルフスタディを好む学生等は、オプションクラスを敢えてとっていませんでした。私の印象だと全生徒の約半数かそれ以下の生徒がオプションクラスも受講していたように思います。

 

アイザックは繁忙期を除いた今の時期は、先生数・生徒数共に少ないので、リーディングクラスが放課後あるのみになっております。そのリーディングクラスは、先生の発音も綺麗で楽しい雰囲気なので受講する価値があると思いますが、今後生徒数が増え、是非こちらの学校にも沢山のオプションクラスが出来ると良いです。その意味でも、是非皆さんに来ていただきたいですね(^ω^)

 

♥—Eurkea—♥

 

「勉強面」

✓カリキュラム:ほぼ同じ

アイザックは、知名度も実績共に抜群であるバギオにある語学学校、パインスと同じカリキュラムです。またカリキュラムについては後程詳しく書きますが、両校とも、語学力向上に必要な「読む、聞く、話す、書く」全ての科目を勉強出来るカリキュラムとなっています。これらを均等に伸ばしていくことが可能であるカリキュラム。つまり、学校を信じ予習復習をしてついていけば確実に英語力を伸ばすことが出来るという訳です。

 

✓規模数

・パインスバギオ校:学生数(クイサンMAX400名、チャピス100名)

・アイザック:学生数20名前後(繁忙期以外)、繁忙期は100名

アイザックは、繁忙期である12~2月、8月はジュニア学生で一杯になりますが、それ以外の時期は生徒数・先生数共に多くはありません。2014年9月の現時点では、学生数30名以下、先生数13名です。

ただ、この学校に先生数・生徒数共が少ないのは、アイザックに人気がないわけではありません!実は近年まで繁忙期以外の時期は韓国のある団体が貸切でアイザックを利用していたのですが、韓国へ戻った為、最近一般留学生さんへ窓口が開いたというわけです。

事実、ジュニアキャンプの時期には100名程の中学生で毎年にぎわう人気校である事からわかるように、学生さんを虜にするような、施設設備や周辺環境、質の高い授業等のポテンシャルのある学校です。日本人が少ない今だからこそ、あえてこちらの学校を選び、英語力を伸ばしてみてはいかがですか?

 

♥—Eureka—♥

パインスバギオとアイザック、ジムのクオリティは?

 

✓ジム

・バギオ校クイサン:寮であるホテルに月額

・バギオ校チャピス:寮に月額でジムあり

・アイザック:徒歩10分ほどの所に、月額p990=2270円で利用できるジムあり。

(学生料金)で毎日利用できるジムあり

 

学校にこもり勉強ばかりするフィリピンへの留学生にとって、時にジムで運動をする事は健康や体型維持の為に良い事です。また、ジムに通う事で早寝早起きの良い生活リズムが出来上がり、勉強にメリハリがつけられたりもします。

 

残念なことに、私は過去にパインスバギオ校の施設を(クイサンキャンパス、チャピスキャンパス共に)利用したことが無いのですが、両キャンパスのジム共に男子学生を中心によく利用されていました。特にクイサンキャンパスのジムは、フィリピンの英雄ボクイング世界チャンピオンのマニーパッキャオが作ったジムで、人気がありました。

 

アイザックについて申せば、徒歩10分程のところに学生ならば月990ペソ(=月額2270円)で毎日利用できるジムがあります。有酸素運動系マシーン(ランニングマシーンなど)、筋肉増強系のマシーンどちらも充実しており、スタジオプログラムやサウナもあるため、この価格ならば十分に満足できるクオリティであると言えます。少し歩いて行かなければならないことがやっかいかもしれませんが、韓国人、欧米人、フィリピン人と利用者の幅が広いので学校以外に友人を作るチャンスかもしれませんね!一応詳細をまとめておきます↓↓

 

—–

・オープン時間:月~土曜日は06~22時、日曜日08~20時

・スペック:1階有酸素系マシーン+スタジオ/2階筋肉増強系マシーン/サウナあり

・費用:学生ならば、月990ペソ(=月額2270) (長期申し込みをするとさらに割引)

・徒歩10分圏内

—–

 

♥—Eureka—♥

パインスバギオ校とアイザックの食事!美味しい!?韓国料理!?辛い!?

 

✓食事

・頻度

パインスバギオ校:韓国料理。月~金曜日朝夕晩3食、土曜朝夕2食、日曜昼夜2食

アイザック:韓国料理。月~日曜日、朝夕晩3食

・クオリティ

バギオ校クイサン<アイザック<バギオ校チャピス(私の独断と偏見による評価)

 

気になる食事のクオリティ。パインスバギオ校、アイザック共に、ビュッフェスタイル(トレーに好きな量だけ食事をとり分けられるスタイル)になっております。食事は基本的に韓国料理である為甘口の日本料理に比べて少し辛いですが、食べられないという事はまずないと思います。また、長くいれば自然となれます。 気になる美味しさはというと、バギオ校クイサンキャンパスとアイザックは学食レベル、チャピスはそれ以上です。これはあくまで私の独断と偏見なのですが、食には厳しいのであらかた間違ってはいないと思います。 食事に関して、アイザックには部屋に冷蔵庫があるため食べたいもの等がある人は買って保存をしておけます。パインスバギオ校にはなかったので、その点食の不便さが無いです。

 

…美味しいものを食べる事を生きがいにしている私は、似たような皆さんのために、学内売店の充実度についても

言及しちゃいます!!!

 

✓学内売店充実度

・パインスバギオ校(クイサン):◎ホテル内に大型スーパーやシェイク、軽食等があるため何でもそろう

・パインスバギオ校(チャピス):〇学校内に小型売店がありアイスやお菓子、カップ麺等を買える。たまに学校前に出店の様な形でパン屋や揚げ物屋が来る事がある。

・アイザック:△だが、2014年9月現在、平日も外出OKであるため、徒歩10分圏内にあるセブンイレブンやカフェ等へ行く事が出来る

 

パインスバギオ校はスパルタ教育をする学校であるため、平日は20分以上外に出歩くことが出来ませんが、アイザックは、現在の所21時までならばOKというルールになっております。その為、平日でどうしても放課後気分が乗らない時等は、近くのカフェ等で勉強をすることも可能です(大学生以上に限る)。今後平日外出禁止ルールに移行する可能性もありますが、今の様に比較的緩やかな規則ならばいっそう、自己管理をすることが求められます。

 

♥—Eureka—♥

1 / 41234
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ