私がフィリピン留学をした理由①~大学3年時進路に悩んだ事が転機に~

 

私はいま大学を1年休学しフィリピン留学へ来ているのですが、休学して留学を決めるまで、そして留学先としてフィリピン選ぶまでに色々と思考錯誤がありました。ここでは、その過程や決め手となった事等について書き、いままさに迷われているかもしれないどなたかのお役に立てればと思います。

 

留学をする理由は、人それぞれにあると思います。外国人とコミュニケーションすることへ憧れなどの比較的漠然とした理由から、就職活動や昇進・転職の為などの現実的理由までです。

私の場合はどうだったのかというと、色々とありますが一番の理由は「まだ就職活動をしたくなく先送りにしたかったから」であったと思います。もちろん、いつか留学してみたいなという漠然とした思いは昔からありましたがそこまで強くはなく、英語の勉強も取り立てて好きではありませんでした。なので、順調に就活活動をしていたらもしかしたら永遠に機会を失っていたかもしれません。

 

しかし幸いなことに笑、大学3年時に今後の進路を考えた際、どうしても答えが出せませんでした。その主な理由は3年生になるまでの間に自分の就きたい仕事について真剣に考えなかったから、(あとは、恐れながら教育制度のせいでもあるとも考えているのですが苦笑)、今後どうしようか半年間考え、出した答えが「休学をして留学へ行く」になりました。

 

ではなぜ「進路に悩んだから留学をしよう」と考えたのか。まず、1年も留学をすれば、何かしら進路に対する答えを見つけられるのではないかと思ったのです。そして次に、仮にその答えを見つけられなくても英語力は身に着けられるため進路の幅を広げることが出来ると考えたからです。

 

♥—Eureka—♥






 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ