フィリピン留学と欧米留学!!! 比較#4~フィリピン、クラークって暑いの?服装は!?~

 

✓気候

・欧米:地域による

・フィリピン(クラーク):一年中温暖な気候。乾季(11~4月)と雨季(5~10月)有り

フィリピンは、地域にもよりますが基本的に一年を通じ常夏の国です。私が今居るクラークは4・5月を除き日本の初夏ほどの爽やかな暑さ。常時クーラーが付いていますが、日差しもそこまで強くないため時にクーラー・扇風機無しでも大丈夫です。

留学生にとってのこの気候のメリットの一つに、荷量や衣料代等がかからずに済む事が挙げられると思います。旅行とは違い長期である留学では、荷物が多いと移動に苦労するだけではなく、飛行機に乗る際、追加料金を支払う場合が出てきます。その際の費用は航空会社や追加荷量によって違うのですが、安くはない為なるべくならば荷物を減らして来たいものです。

その点、クラークは一年中温暖な為薄手のTシャツやパンツ、念のため一枚ほどパーカーかカーディガンを持って来れば事足ります。四季がない為基本買い足す事なく過ごせますし、仮に買い足す必要があったとしても夏物は安い為衣料代にお金がかかりません。決め手にはなりませんが、これらの要素もフィリピン留学の良さの一つであると思います。

 

✓水道水

・欧米:△

・フィリピン:×(ただしアイザック内には多数のウォーターサーバー有り)

日本は水道水を飲むことの出来る数少ない国の一つです。フィリピンではそれが出来ない為、水は語学学校・寮内共に多数あるウォーターサーバーのお水を飲むことになります。ウォーターサーバーは冷水・温水共にありますので、好きな時にいくらでも飲むことが可能です。因みに飲む際のタンブラー又はカップは自分で用意する必要があるため、手持ちの物があるのならば日本から持ってくることをお勧めします。こちらで買われたいという方は、フィリピンにもスタバのタンブラー等色々と売っているためそれらの購入も可能です。

因みに私は、シャワーや洗顔・歯磨きの時は日本と同様水道水を使っています。特に体調不良等は起きていないため、この程度ならば水道水を利用しても問題ないのかと思います。

 

♥—Eureka—♥






 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ