KABIGTING’Sのハロハロ

 

こちらのハロハロ、実は食べ方にコツがあります。それはまさに、“混ぜる(ミックスミックス=ハロハロ)!”です!
436
こちらのハロハロ、下の方に、甘いビーンズのペーストやコーンが溜まってしまっています。しかし、器いっぱいミルクと氷が入っているため、直ぐにはかきまぜる事は出来ません。そのため、まず最初、カップ4分の1ほどは、ひたすらミルクと氷部分を食べ続けてください。甘くはありませんが、ミルク本来の優しいまろやかな味を楽しむことができます。
ハロハロの容量がカップ4分の3ほどになったら、本格的にペースト部分とかき混ぜ始めます。ひたすら、オレンジ色をしたペースト部分が溶けるように、かきまぜ続けます。すると、この上品な甘さのするペーストの甘みがプラスされ、甘さの調度良い、非常に美味しいハロハロとなるのです。ミルクと氷だけの時が甘くなかっただけに、そのギャップが一層美味しく感じさせてくれます。存分にかきまぜた後は、存分にハロハロを楽しめます☆
個人的には、皆さんにはこのハロハロをネポモールよりもマキモールで食べて頂きたいです笑。というのも、やはり美味しい物は良いロケーションで食べた方が美味しく感じるもので、マキモールのKABIGTING’S前(芝生や遊具のある広場となっている)で食べた方が一層美味しく感じられるはずだからです。
438
ちなみに、マキモールのKABIGTING’S付近には、私の好きなSUSIE’S CUISINEやNathaniel’s(共にフィリポン)もあるので、こちらのハロハロも含めたフィリピンスイーツを色々と買い込んで、広場で食べるのも楽しいかもしれません。事実、私はそうしていました笑
スタバなどの外資カフェも良いですが、折角フィリピンに来たならば地元フードも楽しみたい物。なかには安いのに美味しい店もあります。このブログでも美味しい物に関しては積極的に紹介していくので、ぜひ異文化を楽しんでくださいね(^ω^)
♥—Eureka—♥





 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ