一度は食べるべき!いま東南アジアで大人気の”J.COドーナッツ”

フィリピンには、日本同様、さまざまなブランドのドーナッツ屋さんがあります。ミスタードーナッツ(日本)、ダンキンドーナッツ(韓国)、クリスピークリームドーナッツ(アメリカ)、そして、今回ご紹介する、“J.COドーナッツ”です。
“J.COドーナッツ”
 440
✓どのようなお店?
インドネシアやフィリピン、シンガポールを中心に展開しているカフェです。ドーナッツを中心に、コーヒーやフローズンヨーグルトなども人気があります。10年ほど前にインドネシアで始まり、その後またたくまに、他の東南アジア諸国や中国で店舗数を伸ばしたようです。今では全国に170店舗ほどあり、フィリピン全土にもマニラやセブ島、各地方都市に約20店舗ほどあります。
アイザック周辺では、マキモール内にあるJ.COドーナッツ。他のドーナッツストアとの最大の違いは、“作りたてのやわらか、クリームたっぷりドーナッツを楽しめるところ”です。
439
日本で最も馴染みのあるミスタードーナツは、冷凍されていたドーナッツを店舗内で揚げるというスタイルがとられています。つまり、その場で作られたわけではないのですが、J.COドーナッツは、いままさに作られたドーナッツを食べる事が出来るのです。
また、たっぷりのクリームの入ったドーナッツを楽しめるところももう1つの魅力です。J.COドーナッツには2種類の形があります。オリジナルの中央が穴の開いたドーナツと、ミスドで言うエンジェルクリーム的なアナの無い丸い形のです。因みに、J.COで食べるのならば、ぜひ後者の、穴の開いていない方のドーナッツを食べる事を全力でお勧めします。なぜなら、穴の無いドーナッツには入っていないほのかな甘さのクリームが入っており、それがまた美味しいからです。
441
♥—Eureka—♥





 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ