フィリピンと日本で映画を見る場合、何が違うの?

日本で見るよりも、かなり安い値段で映画を見られるフィリピン。チケットの買い方やシアターのクオリティは日本とほぼ同様ですが、当然違う点もあります。日本と異なる点についてみてみましょう。
✓日本の映画館と違う点
・音声が英語、またはタガログ語
・字幕がない
・全席フリー
・同一の作品ならば何度でも見られる
まず始めに、日本で映画を見る場合と違う点は当然ですが音声が英語である所です。さらに、字幕もつきません。英語が公用語であるフィリピンでは、洋画ならば敢えて字幕はつける必要がないのです。なので、我ら日本人がフィリピンで英語を見るとなると、音声英語字幕なしという、かなり高度な状況に置かれます。そこはもう、想像力?を全力で駆使して見る必要が出てきます苦笑。そのため、見るジャンルとしては、比較的易しい英語が使われるアニメーションや、映像美を楽しめるアクション映画やSFなどが良くなってきます。
次に、フィリピンの映画館は全席フリーであるため、良い席で見たいのならば早めに行き席に座る必要があります。特に人気新作映画の場合は早めに行く方が良いかも知れません。とはいっても、映画館も広いですしそれほどシビアにならなくて平気です。
最後に、フィリピンで映画を見るとき値段意外にお得な点について。フィリピンでは、同じ映画を何度でも見る事ができます。日本では、必ずしも1シアター1映画ではなく時間帯ごとに上映内容が変わりますが、フィリピンでは“シアター1はハリー・ポッター”というように固定制です。さらに、上映ごとにチェックが入らない為、仮に同じ席に居座り続ければ、その日のうちならば同じ映画ならば何度でも見らられる事ができます。なので、仮に理解できなくても、居座り続けもう一度見直すことも可能なのです。
いかがでしたか?映画は楽しく英語を学ぶ手段の一つであるので、こちらに滞在中、訪れてみる価値はあると思います。ぜひ、映画を活用しながら、楽しく有意義に英語を学んでみてください!
♥—Eureka—♥

 






 
 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、パインス/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

パインスクラーク公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報

    お問合せ

    ブログランキング

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ