EMSと航空小包(AIR)で、やってしまった!

 

こんにちは、日本事務局のkiyomiです。

 

 

今回は、EMSばっかり送っていて送料が高いなぁと思っていた私の、

 

ちょっとした実験をレポートします。

 

 

 

まず、「2680g」の荷物をIEAに送ろうとした時・・・

 

EMS 4,000円、

 

AIR 3,450円、

 

SAL 3,000円、

 

SEA 2,000円、でした。

 

 

船便(SEA)ならEMSの半額! ということで、ふりかけなど日持ちする物を送付。

 

11月末に送りましたが、1月末にもなろう現在、まだ届きません。

・・・最大で3ヶ月かかるので、許容範囲ですが。

 

 

 

さて、次なる実験は、まさに昨日。

 

SEAはなかなか届かないので、SALとAIRに挑戦しようと思い、価格を問い合わせ。

 

466.5gの荷物が、SALだと1,800円、AIRだと1,700円と言われました。

あら、AIRの方が安い? 重さによってはこういうこともあるそうです。

 

というわけで、AIRにしました。

 

 

これは実験用なので、味噌汁とチョコレートが入っています。

 

それとは別に、同時にEMSで確実に早く届けたい物を送ったのですが・・・

 

なんと、980g送って、価格が1,800円! 100円しか違わない、しかもこっちの方が重いのに!

 

 

・・・慌てていたのもありますが、やっぱり料金はきちんと確認してから送らなくてはダメですね。

 

 

このような実験は、もうしばらく続けようと思います。

 

やきもきする時間って、ストレスになりますね。

 

いくら安くても、SEA便のなかなか届かない3ヶ月の間、1週間に1回くらいは、「そういえばまだ届かないのかなあ?」と思ったり、現地に確認したり、なかなか手間がかかります。

 

やっぱり、個人的には早く確実に荷物が着くEMSが結論となりそうです。

 

大人気!フィリピンスイーツが料理が食べられるSusie’s Cuisine

 
Nathaniel’s(ナタニエルズ)の回でご紹介したように、フィリピンスイーツはライスやココナッツを使用した、ほんのりとした甘さのもちもちとした食感が特徴です。なので、同じくアジア人でコメを主食にする私たち日本人の口にもよく合います。
ここ、アイザックのあるパンパンガ州は、フィリピンでも食べ物がおいしい州として有名です。さまざまな名物品がある中、今回はフィリピンスイーツを中心に販売する、地域NO.1人気店について紹介します…!

✓“Susie’s Cuisine”(スーシーズ クイズン)
susie's

店は1972年創業、フィリピンスイーツから惣菜まで、様々な食べ物が売られている店です。アイザック近くには3店舗あります。まずは、上記写真の、ネポモール近くにある本店。ここがSuesie’s始まりの第一号店で、品ぞろえももっとも豊富です。そしてその人気により現在では、Marquee(マキ)モール、SMモール(クラークに)という2つのモール内にも出店しています。アイザックからだと一番行きやすいのはSMクラークでしょう。1階、ピザ屋greenwichの隣、SMハイパーマーケット(SMモール内のスーパーマーケット)の手前の黄色い看板のお店です。

suisie's2 suisie's3
店に入ると、ショーケースいっぱいにフィリピンスイーツや惣菜が並んでいます。 色々と種類がありすぎ分かりづらいと思うので、今回は、店員さんたちに名前も顔も覚えてもらうほど通いつめ食べつくした私が、独断と偏見で勝手にランキングをつけちゃいます…!!!
♥—Eureka—♥

フィリピンと日本で映画を見る場合、何が違うの?

日本で見るよりも、かなり安い値段で映画を見られるフィリピン。チケットの買い方やシアターのクオリティは日本とほぼ同様ですが、当然違う点もあります。日本と異なる点についてみてみましょう。
✓日本の映画館と違う点
・音声が英語、またはタガログ語
・字幕がない
・全席フリー
・同一の作品ならば何度でも見られる
まず始めに、日本で映画を見る場合と違う点は当然ですが音声が英語である所です。さらに、字幕もつきません。英語が公用語であるフィリピンでは、洋画ならば敢えて字幕はつける必要がないのです。なので、我ら日本人がフィリピンで英語を見るとなると、音声英語字幕なしという、かなり高度な状況に置かれます。そこはもう、想像力?を全力で駆使して見る必要が出てきます苦笑。そのため、見るジャンルとしては、比較的易しい英語が使われるアニメーションや、映像美を楽しめるアクション映画やSFなどが良くなってきます。
次に、フィリピンの映画館は全席フリーであるため、良い席で見たいのならば早めに行き席に座る必要があります。特に人気新作映画の場合は早めに行く方が良いかも知れません。とはいっても、映画館も広いですしそれほどシビアにならなくて平気です。
最後に、フィリピンで映画を見るとき値段意外にお得な点について。フィリピンでは、同じ映画を何度でも見る事ができます。日本では、必ずしも1シアター1映画ではなく時間帯ごとに上映内容が変わりますが、フィリピンでは“シアター1はハリー・ポッター”というように固定制です。さらに、上映ごとにチェックが入らない為、仮に同じ席に居座り続ければ、その日のうちならば同じ映画ならば何度でも見らられる事ができます。なので、仮に理解できなくても、居座り続けもう一度見直すことも可能なのです。
いかがでしたか?映画は楽しく英語を学ぶ手段の一つであるので、こちらに滞在中、訪れてみる価値はあると思います。ぜひ、映画を活用しながら、楽しく有意義に英語を学んでみてください!
♥—Eureka—♥

 

フィリピンで映画鑑賞!どうやってチケットを買ったらよいの?

日本では、映画の大人料金は基本1500円。レディースデイやレイトショーなどの割引価格で1200~1000円ほどと、安くはないです。しかしフィリピンでは、130~170ペソ(350~500円)ほどで映画が見られます(^ω^)英語学習の勉強も兼ねて、是非シアターを訪れてみましょう♪
SMモール内にある映画館…130ペソ(3D、新作映画は+数十ペソ高い)
 459
マキモール内にある映画館…170ペソ
 454
アイザック付近だと、SMクラークかマキモール内に映画館があります。どちらのモールも最上階にです。私はSMモールの映画館は訪れたもののマキモールはまだなため、この基本料金の差はどこから来るのかが分からないのですが、SMモールの映画館も日本の通常の映画館と音響、スクリーン、シートともに何ら変わらないクオリティです。なので、恐らくマキモール内の映画館はプレミアム級なのだと思います(期待)(-“-)☆
✓日本の映画館と同じ点
・チケットの買い方
・食べ物・飲み物(ポップコーンやジュース)を購入・持ち込めるところ
まずは、フィリピンと日本の映画の共通点を述べます。とはいっても述べるほどではないのですが、基本的にチケットの購入から退場まで、日本で映画を見る場合と何ら変わりはありません。チケット購入時に何時からどの映画を見たいのかをチケット売り場のスタッフさんに伝え、チケット入手後入場できます。映画館前で売られているジュースやポップコーンなど軽食を購入し持ち込むことも可能です。
♥—Eureka—♥

東南アジアで大人気のJ.COドーナッツ、お勧めのフレーバー☆

✓どこで買えるの?
アイザック近くだと、マキモール1階で買う事が出来ます。Globeの近くです。
ドーナッツを買うためのラインは、個別で買うかボックスで買うかで異なります。個別(1~数個)のみ購入したい場合は、ショーケースで購入したドーナッツを選んだあと店のスタッフに直接伝えます。マキモール内の店では、奥の方にあるレジ(混んでいない方)が個別ようです。ボックス(12個入り)を買いたい場合は、会計はショーケース手前の列になります。こちらの列は、ボックスを買いたい客で混んでいる場合が多いです。
色々あり過ぎてつい悩んでしまうため、こちらにあらかじめ食べてみたいフレーバーをある程度決めておく方が良いです。
439
色々あり過ぎて皆さんが悩まないよう、色々試してみた私なりのランキングを作ってみました!参考までに☆
1位、アボカド
見た目はかなりどぎついアボカド。しかし、食べてみるとそれが美味しいのです。アボカド味というのは特別特徴的ではないですし、実際にアボカドの味かというと分からぬのですが、とにかく甘過ぎず美味しいです。一度食べてみる事をお勧めします☆
449   453
2位、チョコ
写真左手のドーナッツ。チョコレート好きならば、このフレーバーを試すべきです!ドーナッツの上に、いましがたかけられたまだとろとろのチョコレートがのっていて、本当に甘いです♡
450
3位、抹茶
抹茶味も、甘過ぎないため、抹茶独特の控えめな甘さを試されたい方にお勧めです☆
452
♥—Eureka—♥

一度は食べるべき!いま東南アジアで大人気の”J.COドーナッツ”

フィリピンには、日本同様、さまざまなブランドのドーナッツ屋さんがあります。ミスタードーナッツ(日本)、ダンキンドーナッツ(韓国)、クリスピークリームドーナッツ(アメリカ)、そして、今回ご紹介する、“J.COドーナッツ”です。
“J.COドーナッツ”
 440
✓どのようなお店?
インドネシアやフィリピン、シンガポールを中心に展開しているカフェです。ドーナッツを中心に、コーヒーやフローズンヨーグルトなども人気があります。10年ほど前にインドネシアで始まり、その後またたくまに、他の東南アジア諸国や中国で店舗数を伸ばしたようです。今では全国に170店舗ほどあり、フィリピン全土にもマニラやセブ島、各地方都市に約20店舗ほどあります。
アイザック周辺では、マキモール内にあるJ.COドーナッツ。他のドーナッツストアとの最大の違いは、“作りたてのやわらか、クリームたっぷりドーナッツを楽しめるところ”です。
439
日本で最も馴染みのあるミスタードーナツは、冷凍されていたドーナッツを店舗内で揚げるというスタイルがとられています。つまり、その場で作られたわけではないのですが、J.COドーナッツは、いままさに作られたドーナッツを食べる事が出来るのです。
また、たっぷりのクリームの入ったドーナッツを楽しめるところももう1つの魅力です。J.COドーナッツには2種類の形があります。オリジナルの中央が穴の開いたドーナツと、ミスドで言うエンジェルクリーム的なアナの無い丸い形のです。因みに、J.COで食べるのならば、ぜひ後者の、穴の開いていない方のドーナッツを食べる事を全力でお勧めします。なぜなら、穴の無いドーナッツには入っていないほのかな甘さのクリームが入っており、それがまた美味しいからです。
441
♥—Eureka—♥

KABIGTING’Sのハロハロ

 

こちらのハロハロ、実は食べ方にコツがあります。それはまさに、“混ぜる(ミックスミックス=ハロハロ)!”です!
436
こちらのハロハロ、下の方に、甘いビーンズのペーストやコーンが溜まってしまっています。しかし、器いっぱいミルクと氷が入っているため、直ぐにはかきまぜる事は出来ません。そのため、まず最初、カップ4分の1ほどは、ひたすらミルクと氷部分を食べ続けてください。甘くはありませんが、ミルク本来の優しいまろやかな味を楽しむことができます。
ハロハロの容量がカップ4分の3ほどになったら、本格的にペースト部分とかき混ぜ始めます。ひたすら、オレンジ色をしたペースト部分が溶けるように、かきまぜ続けます。すると、この上品な甘さのするペーストの甘みがプラスされ、甘さの調度良い、非常に美味しいハロハロとなるのです。ミルクと氷だけの時が甘くなかっただけに、そのギャップが一層美味しく感じさせてくれます。存分にかきまぜた後は、存分にハロハロを楽しめます☆
個人的には、皆さんにはこのハロハロをネポモールよりもマキモールで食べて頂きたいです笑。というのも、やはり美味しい物は良いロケーションで食べた方が美味しく感じるもので、マキモールのKABIGTING’S前(芝生や遊具のある広場となっている)で食べた方が一層美味しく感じられるはずだからです。
438
ちなみに、マキモールのKABIGTING’S付近には、私の好きなSUSIE’S CUISINEやNathaniel’s(共にフィリポン)もあるので、こちらのハロハロも含めたフィリピンスイーツを色々と買い込んで、広場で食べるのも楽しいかもしれません。事実、私はそうしていました笑
スタバなどの外資カフェも良いですが、折角フィリピンに来たならば地元フードも楽しみたい物。なかには安いのに美味しい店もあります。このブログでも美味しい物に関しては積極的に紹介していくので、ぜひ異文化を楽しんでくださいね(^ω^)
♥—Eureka—♥

KABIGTING’Sのハロハロ

アジア版パフェであるフィリピンスイーツ、ハロハロ。店の数だけ様々なハロハロが売られていますが、今回は、通常のハロハロとはまた違う、やや珍しいタイプのハロハロをご紹介します…!
“KABIGTING’S”のハロハロ(70ペソ)
429
今回紹介するのは、“KABIGTING’S”と言うこちらカパンパンガ州に展開している店で売られているハロハロ。アイザック付近では、マキモール1階(マクドナルド付近の出入り口左手奥。SUISIE’SやNATHANIEL’Sの近く)か、ネポモール3階フードコート内にあります。残念ながらSMクラークでは売られていません泣
435
こちらのハロハロの特徴は、ずばりミルクタイプなところ。以前紹介した“Mang Inasal”のハロハロは、ココナッツミルクのかかった氷の上に、フルーツやビーンズ、ジェリー、レチェフラン(プリン)そしてウベアイスクリーム等がこれでもかというほど盛られていました。
ハロハロはもとももと“ミックスミックス”という意味であるため、このようにごちゃごちゃ混ぜられたものが一般的なのですが、今回紹介するKURBGTINGのハロハロは実にシンプル。牛のフレッシュなミルクと氷をベースに、ペーストされた甘いビーンズとコーンのみとなっています。もはやミルクシェイクのようです。
Mang Inasalなど他の多くのハロハロがごちゃ混ぜカラフルならば、こちらはシンプルで一色。一見、“ならば、Mang Inasalで売られているような元祖ハロハロの方が美味しいんじゃないお得ジャン!?”とがお得じゃん!”と思われますが、そんなことありません。シンプルだからこそ引き立つ美味さがあるのです。
437
♥—Eureka—♥

Nathaniel’sのデザート、第1位!

✓ライスケーキ(110ペソ)
モチ米とココナッツミルクから作られる、フィリピンのライスケーキ。モチモチとした食感と、ココナッツの優しい甘さは病み付きになります。
Susie’s Cuisineでもライスケーキは売られていますが、Nathaniel’sのとやや異なり個人的にはNathaniel’sの方が好きです☆それでは、Nathaniel’sの商品で一番押しのライスケーキについて紹介します…!
Nathaniel’sのライスケーキ最大の特徴は、ココナッツテイストのするトップ部分が非常に厚く、甘いところ。Suisie’s Cuisineのライスケーキが全体的に甘いのに対し、Nathaniel’sはもち米部分は甘さ控えめ。その代り、トップのココナツ味の層がカバーします。
一言で表すのならば、“やみつきになる甘さ”です。Suisie’sのライスケーキが全体的に比較的甘いのに対し、Nathaniel’sのライスケーキは、あまり甘くはありません。しかし、その分ケーキ表面部分のココナツの甘さと調和がとれ、病み付きになる美味しさのケーキとなっているのです。
ただ一つ残念な点は、Nathaniel’sのライスケーキはSuisie’sのように一切れずつなど切り売りされていないところ。切り餅ほどの1サイズ15~20ペソで購入することのできるSuiesie’sのライスケーキと違い、パウンドケーキほどのサイズをまとめて買う必要があります。値段は110ペソ。数日もあれば一人で食べられる量です。因みに、私ははじめて買った時、1人で食べられるか非常に不安でしたが、あまりの美味しさに一日で食べ終えてしまいました笑 私ほどの食欲はなくても、3日もあれば食べ終える事が出来ると思います。
ライスケーキが好む味かどうかまずは試してみたいという方は、まずはSUIESIE’Sで“スライスのライスケーキ”と言ってみましょう。そしてもし美味しければNathaniel’sで改めてホールを買っても良いかもしれません(^ω^)

 

♥—Eureka—♥

Nathaniel’sのデザート第2位!

✓第二位:ブコパンダンサラダ(35ペソ、150ペソ、240ペソ)

さて、私がNathaniel’sのデザートで2番目に美味しいと思う品。それは、“ブコパンダンサラダ”です!
423
一般的にサラダと言うと生野菜様を思い浮かべますが、そうではなく、こちらはずばりアイスクリームのようなデザート。こちらのアイスクリームの良さは、“素材(ココナッツ)がそのままアイスになったような、自然な点”にあります。安いラクトアイスなどだと、アイスクリームの質の悪さや安さが伝わって来る事があり、甘く冷たく不健康なデザートを食べた自分に嫌悪感を抱くことがありますが、そのような事はありません。まるで、ココナッツがくりぬかれ、パンダンと混ぜ合わせられそのまま凍らされアイスクリームになったような、天使の様な自然な甘さなのです。ある先生が表現していたように、一口入れた瞬間、とろけてしまうほど幸せな気持ちになれます。それ位美味しいです。
427
値段は、カップによって様々です。最も小さい、ハーゲンダッツのミニカップ程が35ペソ、500mlのヨーグルトほどのカップが150ペソ、それ以上の特大サイズが240ペソとフィリピンにしてみればやや割高なお値段がします。しかし、それでも食べる価値がある、それがNathaniel’sのブコパンダンサラダなのです。
426
因みにこちらの商品、恐らくNathaniel’s全商品の中で最も有名で人気の商品です。そして、残念ながらSusie’s Cuisineでは購入することができません。
こちらへ来たら、是非、友人と取り分けるなどしてトライしてみてください♪
♥—Eureka—♥
1 / 1612345...10...最後 »

あなたはなぜ英語を習得したいのですか?

コメントをどうぞ

 

 

プロフィール

Eureka

慶應義塾大学4年生。大学での専攻は社会学。今年2014年3月から1年間休学をしてフィリピンに英語を学びに来ております。 このブログでは主に、アイザック/クラーク/バギオ/フィリピン留学/IELTS/TOEIC/英語学習全般/休学等の幅広いテーマを扱う所存です(^J^)

もっと詳しく

アイザック公式ホームページはこちら

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報
     

    お問合せ

    カテゴリ一覧

    サイト内検索

    ページの先頭へ