新しい大学受験の英語対策、TEAPって何?

こんにちは! アイザックイングリッシュアカデミーです。

まだできたばかりのテスト、「TEAP(ティープ:Test of English for Academic Purposes)」についてレポートします。

英語の苦手意識を助長してきた「どうせ役に立たない受験英語」が変わろうとしている

TEAPは、上智大学と日本英語検定協会が共同開発した、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能をバランスよく測ることのできる英語テストです。

「日本国内の大学受験」に関係するテストですので、学習するのはほとんどの場合、高校生です。そのため、TEAPの問題は、日本の高校の授業で行われている英語学習を踏まえたものとなっています。
また、テスト内容も「大学で使える英語」を試験するものになっていますから、アカデミックなものになっています。

今までの「受験英語」は、どうしても「読む力」と「リスニング」に偏ってきました。
またその偏った状態で、より優秀な学生を合格させるための問題を作るわけですから、実践的ではないややこしい問題も多くなりました。
大学や学部ごとに偏りがあり、質もバラバラでした。

そんな問題点を踏まえて「大学教育にふさわしい英語力」を図るために作られた、新しい英語能力テストです。

TEAPの特長や例題
(日本英語検定協会のHP)

TEAP対策を行っている塾はまだまだ少なく、他のテストの対策に比べると、問題集も多くはありません。

TEAP

【CD2枚付】TEAP実践問題集

アイザックは主に韓国からの子供たちが多くあつまるため、日本独自のTEAP対策のカリキュラムはありませんが、スピーキングに関しては、アイザックのカリキュラムを受けることが自然にTEAP対策になると考えています。

TEAPの問題集やTEAP対策をしている日本国内の塾では補えないスピーキング部分を、是非アイザックで身につけて、志望大学へ一歩近づきましょう。

⇒高校生も対象のジュニア向けカリキュラムを確認する