子供を英語留学させるとき、費用って大体どのくらい?

お子様の英語留学について、考えてくださってありがとうございます。

お問い合わせ頂いたお母様の中には、「是非行かせたい」と、前向きにご検討頂いている方もいらっしゃいます。

それでは、具体的に検討を始めてお見積をした場合、どのくらいの費用を見積もられるのでしょうか?

いつもは直接やり取りをしたうえでお伝えする内容ですが、中には「留学させるのは数年後のつもりなので、今から見積をもらうのは申し訳ない」という方もいらっしゃるかも知れません。

そんな優しくも費用が気になるお母様に、お子様の留学にかかるお金についてのお話をさせて頂きます。
ご参考になればと思います!

【小学生・中学生のジュニア英語キャンプに約1か月参加する場合 →→ 7月24日~8月21日】

・登録金:20,000円

・学費+寮費:315,000円

・ピックアップ費:21,600円(往復)
※マニラ空港へのピックアップ費です。→学校に近いクラーク空港に来ていただければ無料です。

・海外送金手数料:2,500円

合計: 359,100円

【含まれるもの】

授業 マンツーマン 4時間 グループ授業 4時間 夜間義務自習2時間

※レベルが合わない場合、マンツーマン6時間になります。

※学費に教材費も含まれます。

寮 4人部屋、週末を含む3食付、午前&午後におやつが出ます。

  電気代、洗濯、掃除を含む

キャンプの費用に、SSPは含まれます。
※SSPとは、フィリピン政府で決められている「フィリピンで学習する外国人が支払う学生ビザのようなもの」で、イミグレーション関連費です。

インターネットは、英語キャンプの場合は全期間において利用禁止になります。

ただし、長期生に限り、週末の土日のみ使用可能です。

英語キャンプからそのまま長期生になる場合、長期登録になった時点で週末の土日は利用可能です。

キャンプ期間中、保護者の方がお子様と連絡する場合、まずは日本人スタッフとLINEを繋ぎ、週2回お話可能です。

【現地で必要になる費用】

・お小遣い(500ペソ/週/目安-1万円/4週)

・寮保証金(1万円/退室時返金します)

※お小遣いは、スタッフがお預かりし、毎週500ペソずつお子様にお渡しします。

【保護者様が同行の場合】

通常は、保護者が同行する場合はお子様と保護者が同室になるのですが、英語キャンプの期間中は満室になるため、お部屋を1部屋準備するのが難しい状況です。

どうしても英語キャンプに保護者が同行される場合は、外部の近隣ホテルをご紹介する形となり、ホテルの料金は実費となります。

ご紹介するホテルは、いつも当校の父兄が訪問された際にご紹介しているホテルになります。
最初は3日~1週間ほどで予約しておき、長期滞在される場合は、ご自身に合ったホテルを探して移動する分には問題ございません。
クラーク地域にはホテルがたくさんあります。

※保護者の方がキャンプ期間中に先に帰国される場合、マニラ空港までの送迎を希望される場合は別途送迎費がかかります。(片道10,800円)

【長期生として滞在する場合の費用】

24週(6ヶ月) 長期価格

学費+寮費 1,194,000 円

CLAプログラム:1学期あたり100,000円(1年は2学期制)

※CLAプログラムとは、学年認定され、成績表がもらえるプログラムです。

ビザ延長費 16,100ペソ (約4万円)

1次(8週) 3,400ペソ
2次(12週) 4,600ペソ
3次(16週) 2,700ペソ
4次(20週) 2,700ペソ
5次(24週) 2,700ペソ

外国人登録証 3000ペソ (約8千円)

合計:約1,342,000円 (フィリピンペソは約で計算しましたので、参考程度でお願いします)

※キャンプが終了すると、午前と午後にあったおやつが、午前もしくは午後の1回になります。

※以上は参考価格でして、特にペソでお支払いいただく現地費用はレートにより変動します。
 お申し込み後に、正式な金額が確定しますのでご了承ください。

お申し込みはこちらのURLからお願いいたします。

Share Dream Share Success~!!! – IEA –