中学生の英語留学 みっちり3週間で何が変わった?

「中学生のうちから留学って、早すぎない? 高校留学や、大学生の英語研修は良く聞くけど…」

「もう中学生になってしまったら、英語を自然に身に着けるという年齢でもないし、遅すぎない?」

こんな両極端な意見をよく耳にします。

「実際、中学生が夏休みに英語学習のために短期留学してみたら、どうなったんだろう?」

中学生ご本人の言葉で語られた体験談がありますので、ご紹介しますね。

生の感想文はこちらのページに記載しています。
アイザックのジュニアカリキュラム

IEAジュニアカリキュラム

冒頭の「早すぎる?」「遅すぎる?」問題の答えですが、中学生のうちから英語留学にチャレンジするのは、実はとっても合理的です。

中学生という年代は、幼少期のような「英語のシャワーを浴びればそのまま覚えられる」という感覚はないかも知れません。
しかし、無条件に言葉を吸収する「吸収力」が落ちる反面、相対的に伸びてくるのが、学習に対する「集中力」です。

脳というのは本当によくできていて、幼少期は生きるためにお母さんをはじめとする周りの大人が発する言語をスポンジのように吸収していくのですが、大人になるにつれ、「本当に自分に必要な情報を取り入れ、必要ないものは捨てる」という取捨選択ができるようになります。

中学生というのはその「吸収力」と「取捨選択力=集中力」がちょうど半々になる時期なんですね。

なので、本人にスイッチが入ると飛躍的に英語の能力を身に着けていくという特徴もあります。

とてもデリケートな年代ですが、だからこそアイザックのようにスタッフのサポートがしっかりしている学校を選んでいただけると嬉しいです。
「とにかく英語環境を与えたい」とご両親は考えるかも知れませんが、あまりにもフォローがないと、不安が大きくなって学習に手を付けられなくなる可能性があります。

日本人スタッフによるフォローもあると、学習面とメンタル面のバランスが保てます。

また、中学生の留学で多いパターンが、「最初は本当に苦痛に感じる」という点です。
親元を離れるのも初めての経験の子たちばかり。楽しみよりも、不安が大きいのは当たり前です。

先ほどのリンクの先のページに紹介されている体験談(りょうちゃん、リヨちゃん)にもその様子が書いてありますね。

アイザックの英語キャンプは学習メインです。ご両親もわざわざ海外に送り出すわけですから「とにかく100%吸収してきて!」と意気込んでしまいがちです。
しかしお子さん本人は、「せっかくの夏休みに、英語の勉強なんて…」と思ってしまう訳です。

ところがそんなお子さんも、留学期間の終わりが近づいてくると、「授業が楽しい、帰るのが寂しい」と思うようになります。

「勉強メインの留学」とはいえ、土日のアクティビティーは、やはり楽しい思い出になります。
なので、3週間・4週間の研修を終えて帰国すると、楽しい思い出と写真、そして飛躍的に向上した英語能力が残ります。

2学期が始まると、英語の授業がより簡単に、そて楽しく感じられ、みんなに差をつけられます。
みんなより少し得意なものが出来ると、お子さんの自信にもつながりますね。
英語が楽しくなる。そして楽になる。英語科目が楽になると、他の科目を勉強する余裕も生まれ、好循環ですよ。

是非、中学生のお子さんをお持ちのお母さま・お父さま。夏休みプランのひとつの選択肢に、留学を加えてみてくださいね。