英語の勉強 発音について✍

.

.

.

.

.

Hello! Happu Friday!!

待ちに待った金曜日!今週はなぜか長く感じました…。

そして週末には新しいメンバーが100人以上くるということで驚きです。

今日は、お勉強のお話です。

 


 

【英語の発音マスターすればかっこいい!】

 

英語の発音は私個人的に最大の難関と言えます。

もちろん英語の文章を組み立てたり、単語を覚えることもそうですが。

 

なんせ口が回らない。そして先生の口を見てまねして発音しようとしてもなかなか上手に発音できないし、

合っているのか間違っているのかの区別が自分には分からないのです(笑)

耳が悪いのかもしれませんが(笑)

先生が私の発音を聞くと、「うん、良くなってる」って言います。

良くなっているようです。

 

ジャパニーズイングリッシュというものがあるように、

私たちは英語の発音をするとき日本語の読みをするまま発音しています。

 

例えば

McDonald’s

日本では マクドナルド/マック/マクド

フィリピンでは マクド

アメリカでは ミックドゥーナルズ(っと私は先生から教えてもらいました)

私はひそかにMcDonald’sをかっこよく言うことを目標にしています(笑)

 

C38CFBAE-DDF4-4434-A952-611B290DEE66

初歩的なところから勉強していきましょう!

英語と日本語は、母音と子音の数がまるで違います。

 

・英語 :Vorwel(母音)26個+Consonant(子音)24個=50個

・日本語:Vorwel(母音)5個+Consonant(子音)14個前後=20個前後

 

英語の発音数は日本語の2倍以上もあるのです。

つまり、英語には日本語に存在しない発音が多くあり、かつそれらは似通っており紛らわしかったりするのです。

英語の発音は複雑ですね。

しかし、英語の発音を学ばないことには、正しく聞き取ったり話したりすることが出来ない為、英語力を伸ばすことが出来ません。

 

 

私もこちらに来た当初、先生たちとの会話で、発音が悪くて理解されないことがありました。

なんの単語だか忘れてしまいましたが、日本で習った以下の単語。

Hospital 日本:ホスピタル  ネイティブ:ハスピタル

Problem 日本:プロブレム  ネイティブ:プラブレム

Really  日本:リアリー   ネイティブ:リリー

など母音、子音の発音(記号)を学ぶことで正しく発音することができ、相手に伝わる単語になるんですね。

今私はとってもその修正に苦労しています。

 

 

とりあえず…。

まずは発音を構成する“母音”と“子音”について説明します。

Q、母音・子音とは何か?

・母音

日本語の「アイウエオ」のように、声が舌や歯、唇などにじゃまされず出る音のことを“母音”と言います。日本語には“a,i,u,e,o”の5つしか母音がありませんが、英語には26の母音があります。

C4D94A52-6F64-4F16-A96B-050372ACD69E

・子音

息や声が、舌や歯、唇などに邪魔されて出る音のことを“子音”と言います。日本語には14個前後あると言われていますが(“前後”と書くのは、意見が分かれるためです)、英語には24個あります。母音の数ほどの開きはありませんが、それでも日本語より10個ほど多いです。

 

以上、いかに英語の発音数が日本語とより多いかを踏まえると、発音学習のむずかしさも納得できると思います。

 

語学は一日にしてならず。納得いきますね。

毎日朝起きて発声練習の日々であります!(^^)!

頑張りましょう!

C98EB93D-05DE-42A0-AB77-E33B3FE66CDB


 

★ブログ

http://ieajapan.com/blog/ .

★Facebook

フィリピン留学パインスクラークイングリッシュアカデミー .

★Instagram

@pines_clark_english_academy