フィリピンの映画 見た感想

.

.

.

.

.

Hello!! 今日も暑い日が続き今にもばてそうな学生担当のchloeです!

現在映画館についての記事をシェアしています。今回はついに映画について。

フィリピンの映画館の中は一体どうなっているのか、料金が安い分フィリピンの映画は安っぽいんじゃないか、そこらへん色々とどうなんだろうという謎を解明していきました!


 

【フィリピンの映画館の全貌】

D4C3D995-0C47-4497-B536-F261CE3B81B0

まず映画館に入るところからシェアしていきましょう。

 

F9CD1306-50CE-4423-BD67-5C19DB6E0F39

前回は映画館のチケットの買い方についてシェアしました。

そのチケット(バーコードリーダー)になっているところを、専用の機械にピッとかざします。

37DE896F-9E87-4A95-81FB-266BEF0E3F4B

駅の改札のように…。

そうすれば改札のような機械が映画館の中に通してくれます。

(東京デイズニーランドのような感じですね)

 

そしてチケットに書いてある自分が予約した席を、暗い中スマホのライトを頼りに探します。

10分前に行けば余裕だろうと、余裕をぶっこいていたところ、すでにオープニングは始まってました。

(本篇じゃなくCMみたいな前置き)

フィリピンタイムというのがあるので、時間通りに始まらないだろうと思ってましたが、そこは違うようです。

 

➀広さ

暗い中映画館の中を見渡してみると、広い。普通に広い。

A866C16A-384B-4EEE-8AB6-231BD9A2D47C

日本だと大きなシアターもあれば、狭いシアターもありますが、さすがSM。シアター5とかでしたが、2階構成になっており、1階席2階席に分かれており、左右もとても余裕がありました。

1E0ACD3B-2388-4D68-B710-24C45898155D

➁席

座りごこちは普通に良かったです。パイプ椅子でもおかしくないんじゃないかと覚悟してましたが、日本で座る映画館のあの椅子です。

座る時にシートをおろしてすわります。左右にドリンクホルダーがあり、買った飲み物を置くことができます。

いつもは荷物を足元に置くのですが、暗い中映画に夢中の中足元に置くのも怖いと思い、私はずっと膝の上に置いておきました。

ですが、足元に荷物を置くスペースはあります。

 

➂映画

文句なし。日本で見るのと変わりありません。これ以上説明のしようがありません。

ただ映画の内容は全部英語ですし、英語の字幕もありません。

自分の耳を頼りに内容を理解していく必要があります。ですが、俳優さんの演技をみながらなので聞き取ることができなくても私は映画を楽しむことができました!

64F5F22C-83A3-41E8-A7AB-A68897DD9DE5

ちなみに私が見た映画は、「ザ・ハッスル」(THE HUSTLE)というアメリカの海外映画です。

日本での公開日は不明のようですが…。主役はアンハサウエイ、レベル・ウイルソンのコンビです。

とても面白かったです!

 

➃室内の気温

半そでのワンピ―スでいきました。そしてその時ちょうど風邪気味だったこともあり、薄長袖のは織物を着ていました。ちょうどよかったです。

風邪気味だったせいで、体温調節機能が麻痺していた可能性がありますが寒さを感じませんでした。

ですがSMを歩いているだけでも、冷房の効きすぎで寒いなと感じることがあるので、薄手の長袖を持参するのが望ましいと思います。

 

EE2C79A6-4737-4386-A808-24F17EFF1D3C

安いうえに、映画は最高。リスニングを鍛えるために映画鑑賞しにくるのもいいですね!!

早くアラジンを見たいです!

 


★ブログ

http://ieajapan.com/blog/ .

★Facebook

フィリピン留学パインスクラークイングリッシュアカデミー .

★Instagram

@pines_clark_english_academy